このページの本文へ

Wyse Technology、VERITAS SoftwareがOSDLに参加

2004年08月03日 15時18分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サーバークライアントコンピューティング(SCC)分野の専門企業であるWyse Technology社は米オープン・ソース・デベロップメント・ラボ(Open Source Development Lab、以下:OSDL)に参加することを発表した。

Wyse Technology社は、フルラインのLinuxデバイスおよびソフトウェアを持ち、OSDLメンバーの中でシン・クライアントソリューションだけにフォーカスする唯一のベンダー。OSDLのLinuxデスクトップワーキンググループのステアリングコミッティ(運営委員 会)に参加し、要件定義を支援し、Linuxデスクトップのための取り組みをリードしていく。

また、VERITAS Software社もOSDLに参加を表明。データセンターLinuxワーキンググループに参加する予定であることを発表している。

カテゴリートップへ

ピックアップ