このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

富士通、“FMV-DESKPOWER”夏モデル発表──全モデルにスーパーマルチドライブを搭載!!

2004年04月20日 12時31分更新

文● 編集部 新海宏一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通(株)は20日、デスクトップパソコン“FMV-DESKPOWERシリーズ”の新製品として5シリーズ17製品を発表した。今回発表したのは、17インチ液晶一体モデル“LXシリーズ、17インチワイド液晶一体モデル“Lシリーズ”、シアタースタイルPC“Tシリーズ”、アドバンストクリエイティブコンパクトモデル“Cシリーズ”、クリエイティブコンパクトモデル“CEシリーズ”の5シリーズ。価格はすべてオープンプライス。各シリーズの主なスペックと発売日、編集部による予想販売価格は下のリストにあるとおり。

2004年夏モデルでは、新シリーズとして17インチ液晶ディスプレー一体型デスクトップ“LXシリーズ”を追加。また、今年は“オリンピックイヤー”ということもありその需要を見込んで、全モデルにDVDマルチプラスドライブ(同社では“スーパーマルチドライブ”という)、TV視聴対応モデル15機種のうち8機種にWindowsを起動せずにTV視聴が可能な“インスタントTV機能”を搭載したのが特徴。TV視聴対応モデルの受信可能放送は地上アナログ放送(VHF/UHF/CATV)。また、TV視聴対応モデルはすべてDVD-RAMへ直接TV番組を録画する機能を搭載する。 ソフトウェアでは、松下電器産業(株)のTV視聴/録画ソフト『TVfunSTUDIO(TVファンスタジオ)』と、同社のメニューソフト『@メニュー(アットメニュー)』などがバージョンアップしている。TVfunSTUDIOでは、従来の約2分の1の時間でDVD-RにTV録画できるという“高速書き込みモード”を追加。@メニューでは、TV視聴や音楽再生ソフトなどのAV系ソフトの連携を分かりやすく案内するという“かんたんガイド”機能を追加した。

『LX70H』
『LX70H』

LXシリーズのラインナップ

『LX70H』
“ハイパー・スレッディング・テクノロジ”対応Pentium 4-3GHz、256MB メモリー、160GB HDD、TVチューナー搭載17インチ液晶ディスプレー
5月1日発売/23万円台半ば
『LX50H』
Celeron-2.60GHz、256MB メモリー、160GB HDD搭載、17インチ液晶ディスプレー
24日発売/19万円台半ば

Lシリーズのラインナップ

『L50H』
Celeron-2.60GHz、256MB メモリー、160GB HDD、TVチューナー搭載17インチ液晶ディスプレー
24日発売/20万円前後

Tシリーズのラインナップ

『T90H』
HTテクノロジ対応Pentium 4-3GHz、512MB メモリー、250GB HDD、TVチューナー搭載22インチワイド液晶ディスプレー
24日発売/32万円前後
『T50H』
Celeron-2.60GHz、256MB メモリー、200GB HDD、TVチューナー搭載22インチワイド液晶ディスプレー
24日発売/28万円前後

TVチューナー内蔵の17インチ液晶ディスプレー一体型デスクトップ“LXシリーズ”

『LX50H』
『LX50H』

夏モデルから新たに登場したLXシリーズは、17インチ“スーパーファイン”液晶ディスプレーを搭載した液晶ディスプレー一体型デスクトップ。CPUに“ハイパー・スレッディング・テクノロジ”(以後HTテクノロジ)対応Pentium 4-3GHzを搭載した『LX70H』と、Celeron-2.60GHzを搭載した『LX50H』をラインナップする。LX70Hは、内蔵のTVチューナーを利用し、Windowsを起動せずにTV視聴ができる“インスタントTV”機能を搭載するのが特徴。本体前面には、TV操作が直接行なえる“TV用電源ボタン”“チャンネルボタン”“ボリュームボタン”を装備する(LX50HはTV用電源ボタンのみ装備)ほか、臨場感あるサウンドを再生できるという“トランソニック・スピーカー”(ステレオ)を内蔵する。

主な仕様は、チップセットにIntel 865GV(グラフィックスアクセラレーター機能内蔵、ビデオメモリーは最大96MBをメインメモリーと共用)、メインメモリーにPC3200準拠のデュアルチャネルDDR SDRAM256MB(最大1GB)を搭載。HDDは160GB、光ドライブはDVDマルチプラスドライブ(DVD±R書き込み8倍速、DVD±RW書き換え4倍速、DVD-RAM書き換え3倍速、DVD-ROM読み出し12倍速、DVD±R/±RW読み出し8倍速、DVD-RAM読み出し3倍速、CD-R書き込み24倍速、CD-RW書き換え10倍速、CD-ROM読み出し32倍速)を内蔵。液晶ディスプレーは最大1280×1024ドット/1677万色表示に対応した17インチ“スーパーファイン”液晶を採用し、TVチューナー付きハードウェアMPEG-2エンコーダー(“3次元Y/C分離機能”“ゴーストリダクション機能”対応)を内蔵する。TV録画時間は最大約140時間となる。

通信機能は、V.90対応の56kbpsモデム、10/100BASE-TX対応Ethernet。インターフェースは、PCカードスロット(Type I/II×2またはType III×1、CardBus対応)、SDメモリーカード/メモリースティックスロット、USB 2.0×5を搭載。TV関連(ビデオ/オーディオ)のインターフェースは、IEEE 1394×1、ビデオ入力(コンポジット/S-VIDEO)、ビデオ音声入力(右/左)、アンテナ入力(F型)、D4(コンポーネント)、マイク入力、ヘッドフォン出力、光デジタルオーディオ出力(丸型、光ミニジャック)、ライン入出力を搭載する。

OSは、Windows XP Home Edition SP1a。アプリケーションとしてオフィスソフト『Microsoft Office Personal Edition 2003』、松下電器産業(株)のTV視聴/録画ソフト『TVfunSTUDIO』、イージーシステムズジャパン(株)と(株)デジオン共同開発のDVD-R/RW&CD-R/RWライティングソフト『Drag'n Drop CD+DVD』などがプレインストールされている。 本体サイズは幅479×奥行き236×高さ400mm、重量は約15.5kg。ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウス、リモコンが付属する。

ワイド液晶ディスプレー一体型デスクトップ“Lシリーズ”

『L50H』
『L50H』

17インチワイド液晶ディスプレー一体型デスクトップのLシリーズは、CPUにCeleron-2.60GHzを搭載した『L50H』の1機種のみ。最大約140時間TV録画可能な160GBのHDDや、“トランソニック・スピーカー”を内蔵するのが特徴。

主な仕様は、チップセットにIntel 865GV(グラフィックス機能内蔵、ビデオメモリーは最大96MBをメインメモリーと共用)、メモリーはPC3200準拠のDDR SDRAM256MB(最大1GB)。HDDは160GB、光ドライブはDVDマルチプラスドライブを内蔵。液晶ディスプレーは最大1280×768ドット/1677万色表示に対応した17インチワイド“スーパーファイン”液晶ディスプレーを搭載する。TVチューナー付きハードウェアMPEG-2リアルタイムエンコーダー(“3次元Y/C分離機能”“ゴーストリダクション機能”対応)を内蔵する。

通信機能は、V.90対応の56kbpsモデム、10/100BASE-TX対応Ethernet。インターフェースは、PCカードスロット(Type I/II×2またはType III×1、CardBus対応)、SDメモリーカード/メモリースティックスロット、USB 2.0×5、IEEE 1394×1を搭載。TV関連(ビデオ/オーディオ)のインターフェースでは、ビデオ入力(コンポジット/S-VIDEO)、ビデオ音声入力(右/左)、アンテナ入力(F型)、マイク入力、ヘッドフォン出力、光デジタルオーディオ出力(丸型、光ミニジャック)、ライン入出力を搭載。

OSはWindows XP Home Edition SP1a。アプリケーションとしてオフィスソフト『Microsoft Office Personal Edition 2003』などがプレインストールされる。本体サイズは幅492×奥行き234×高さ367mmで、重量は約14.5kg。ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウス、リモコンが付属する。

22インチワイド液晶ディスプレー一体型モデル“Tシリーズ”

『T90H』
『T90H』

2004年春モデルで初登場した22インチワイド液晶ディスプレー一体型デスクトップのTシリーズは、CPUにPentium 4-3GHzを搭載した『T90H』と、Celeron-2.60を搭載した『T50H』をラインナップする。新たに最大約230時間のTV録画に対応した250GB(T50Hは最大約180時間録再可能な200GB)のHDDを内蔵し、“高画質I/P変換処理”“アクティブ高速応答”に対応したTVチューナー付き“高画質ハードウェアMPEG-2リアルタイムエンコーダー”(“3次元Y/C分離機能”“ゴーストリダクション機能”対応)を採用したのが特徴。同社によると、高画質I/P変換処理により、従来のインターレース表示に比べて滑らかな動きを再現するという“プログレッシブ表示”と、輪郭のジャギーを除去することで映画などをよりはっきり映すという“ナチュラルシネマ機能”に対応したという。

主な仕様は、チップセットにIntel 865GV(グラフィックス機能内蔵。ビデオメモリーは最大96MBをメインメモリーと共用)、メインメモリーは標準でPC3200準拠のデュアルチャネルDDR SDRAM512MB(T50Hはシングルチャンネルで256MB、最大1GB搭載可能)を搭載。光ドライブはDVDマルチプラスドライブを内蔵。液晶ディスプレーは最大1280×768ドット/1677万色表示に対応した22インチワイド液晶ディスプレーを搭載する。

通信機能は、10/100BASE-TX対応Ethernet、V.90対応の56kbpsモデム。インターフェースは、PCカードスロット(Type I/II×2またはType III×1、CardBus対応)、SDメモリーカード/メモリースティックスロット、USB 2.0×5、IEEE 1394×1を搭載。TV関連(ビデオ/オーディオ)のインターフェースでは、ビデオ入力(コンポジット/S-VIDEO)、ビデオ音声入力(右/左)、アンテナ入力(F型)、マイク入力、ヘッドフォン出力、光デジタルオーディオ出力(丸型、光ミニジャック)、ライン入出力を搭載。

OSはWindows XP Home Edition SP1a。アプリケーションとしてオフィスソフト『Microsoft Office Personal Edition 2003』などがプレインストールされる。本体サイズは幅710×奥行き286×高さ483mmで、重量は約24.5kg。ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、リモコンが付属する。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン