このページの本文へ

富士通パーソナルズ、シニア向けパソコン“らくらくパソコン”の“04夏モデル”の販売を開始

2004年05月20日 20時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)富士通パーソナルズは20日、シニアの初心者向けの“らくらくパソコン”の新製品として、“04夏モデル”の販売を同日より順次開始すると発表した。価格はオープン。

デスクトップ ノート
“らくらくパソコン”DESKPOWER推奨モデル“らくらくパソコン”BIBLO推奨モデル

“04夏モデル”は、FMV夏モデルのデスクトップ/ノートパソコンに、サポートサービス“らくらく訪問サポートパック”をセットにしたパッケージ。Celeron-2.60GHz&865GVチップセットを搭載したデスクトップパソコン“FMV-DESKPOWER”『LX50H』ベースの『“らくらくパソコン”DESKPOWER推奨モデル』と、モバイルCeleron-2.4OGHzにRADEON IGP 340M/ALi M1535チップセットを搭載したノートパソコン“FMV-BIBLO”『NB50H』ベースの『“らくらくパソコン”BIBLO推奨モデル』の2モデルをラインアップする。

“らくらく訪問サポートパック”(PNS-RAKU4)は、シニア向けということで、同じ担当者が続けて訪問してサポートを行なう“同じ人による2回の訪問サポート”と、90日間何度でも24時間/年中無休で電話や電子メールで相談できる“90日間の電話/電子メールサポート(24時間・年中無休)”で構成される。“同じ人による2回の訪問サポート”は、機器セットアップと個別設定、30分程度の操作説明を行なう“Aコース”と、機器セットアップなしで、個別設定と80分程度の操作説明を行なう“Bコース”を選択できる。2回目の訪問サポートは約60分でと、操作説明やブロードバンド切り替え設定(ADSL)などを行なう。

“らくらくパソコン”は、1999年から敬老の日に同社が巣鴨地蔵通り商店街で開催しているイベントで集めたシニアの声「使いこなせるかが不安」「使いたくても教えてくれる人がいない」「設定等がわかりにくい」に応えて製品化したものという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン