このページの本文へ

センチュリー「これdo台」に新作! HDDコピーも自動バックアップもできる「これdo台 HERO」!

2004年03月03日 23時45分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「これdo台 HERO(ヒーロー)」 本体
「これdo台 HERO(ヒーロー)」本体はアルミ製のコンパクトなもの

 HDDを本体むき出しのまま外付け化することでお馴染みのセンチュリー「これdo台」シリーズ。その新作「これdo台 HERO(ヒーロー)」が発売された。昨年12月に発売されたカードリーダ/ライタ付き外付けアダプタ「MFD25/35」と似た印象のスリムなアルミ製ボディが特徴で、2.5インチHDD/3.5インチHDD両対応。インターフェイスもUSBとIEEE1394の両対応となっている。



IDEインターフェイス マニュアルより
IDEインターフェイスは2.5インチ用の小型のもの。3.5インチHDDには同梱の変換ケーブルを使用マニュアルより。7つの機能をダイヤルスイッチが切り替えられる

 PCに接続することなく単体で可能な4つの機能と、外付けHDDアダプタとしての3つの機能の計7つの機能をそなえているのが特徴で、機能の切り替えは本体に設けられたダイヤルスイッチで行う。
 まず単体で可能なのが、HDD間のコピーを行う「コピーモード」、2つのHDDの内容が同一かを調べる「コンペアモード」、2つのHDDのベリファイチェックを同時に行える「ディスクチェックモード」、HDDの内容を消去できる「ディスクイレースモード」。このうち最後の「ディスクイレースモード」では、全データ領域を全て0で埋める「×1モード」と、全データ領域にランダムデータを2回書き込んだ後0で埋めるという「×3」モードが選択可能となっているという。
 そしてPCに接続した状態で可能なのが、2台までのHDDをそれぞれ独立したドライブとして使用する「標準モード」、2台のHDDを合わせて1つのHDDとして使用する「コンバインモード」、1つのHDDを使用しつつ、もう1つのHDDで自動バックアップを行う「ミラーモード」となっている。価格はスーパーコムで1万8980円、ZOA 秋葉原本店とぷらっとホームで1万9800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ