このページの本文へ

センチュリー「これDO台」シリーズ新作!5インチ内蔵用「グッドラックBRAVO」が発売

2004年12月02日 20時35分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーから5インチベイ内蔵用のHDDケース「グッドラックBRAVO(型番:RD535IDE)」が登場した。同社の「これDO台」シリーズの製品で、他の内蔵HDDと接続することにより、ミラーやコピーをはじめとした様々な機能が使えるというもの。

グッドラックBRAVO
5インチ内蔵用のHDDケース「グッドラックBRAVO(型番:RD535IDE)」
パッケージ
今までに発売された同社の「これDO台」シリーズ最上位モデルといえそう

 フロントに液晶を備えた本体には、付属のリムーバブルカートリッジ(型番:535IDESC 12月下旬単品発売予定)を介して、内部に3.5インチIDE HDDを搭載することができる。写真の接続図のように、背面に用意された2つのIDEコネクタから、それぞれマザーボードと他のIDE HDDに接続。パッケージによると、これにより「グッドラックBRAVO」に搭載したHDDからのブートが可能になるほか、マスター/スレーブの変更による起動HDDの選択、ストライピング/ミラーリング/コピーなどの機能が使えるという。今までに発売された同社の「これDO台」シリーズ最上位モデルといえそうだ。
 フロントの液晶には、現在の使用モードを表示。交換用のベゼルとして標準装備のホワイトのほか、ブラック、シルバーの計3色が付属する。もちろん、このリムーバブルカートリッジを使うことで、フロントからHDDを交換することができる。本日入荷を確認したのはクレバリー1号店で、価格は2万3068円。近日中にT-ZONE.PC DIY SHOPでも販売が始まる予定だ。

リムーバブルカートリッジ 背面
もちろん、このリムーバブルカートリッジを使うことで、フロントからHDDを交換することができる背面に用意された2つのIDEコネクタから、それぞれマザーボードと他のIDE HDDに接続
接続図 機能
パッケージより、接続図マスター/スレーブ入替えで起動HDの切替え、ストライピング/ミラリング/コピーなどの機能が使用可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ