このページの本文へ

温度で羽根の色が変わるファンが発売!

2004年02月13日 02時23分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
本体
“CF7200-BAB”。周囲の温度が高くなると色が紫からピンクに変化する

 台湾Jetart Technologyから、ユニークな8cm角25mm厚ファン“CF7200-BAB”が発売された。フレームがアルミ製という点も珍しいが、最大の特徴は紫色の羽根。周囲の温度が高くなると色が紫からピンクに変化するというものだ。



低音時 高温時
ファンヒータの上に乗せて実験。約30度を境にゆっくりと色が変化する

 回転数は2000rpmで騒音値は20.3dBA。約30度を境に変色する特殊な塗料で羽根全体をコーティングした(もともとの紫色もその塗料の色)という製品で、さらにフレーム部には電源ONで光る4個の青色LEDが付いているため、温度の高低で羽根が変色すると光る色あいも変化する。羽根の色の変化を視認できるようにして使えば、簡易温度センサの役目も果たせるかもしれない。価格はOVERTOPとCUSTOMで2480円、PS/PLAZA WAKAMATSUで2680円。
 なお変色しないクリアタイプの羽根を採用したタイプ“CF7000-BAB”と、それに反応温度を3段階に調節できる温度感知アラームを追加した“CF7200-BAB”も同時に発売されている。価格は“CF7000-BAB”がOVERTOPで1780円、CUSTOMで1980円。“CF7200-BAB”がPS/PLAZA WAKAMATSUとCUSTOMで2980円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ