このページの本文へ

35度以上で羽がブルーからレッドに!CoolJagからユニークな80mm角ファンが

2004年10月24日 12時57分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CoolJagから、周囲温度が35度以上になると羽の部分がブルーからレッドに変色するというユニークな80mm角ファン「WJAF8025K1」が登場した。

光る様子
4隅に装着されたブルーのLEDと相まって光る様子はなかなか美しい

 特徴はご覧の通り。羽周辺の温度が35度以上になると色が変わるというもので、4スミに装着されたブルーのLEDと相まって光る様子はなかなか美しい。回転数は2000rpm(20dB)というもので、ファンの外周部分は透明のプラスチック。
 赤に変色した写真は、紙コップに熱湯を入れてファンを置いたところ。みるみるうちにレッドに変色していくのだが、ここから回転させてみたところ、羽が冷やされたためすぐにブルーになった…。熱湯から発する湯気はかなりの高温と思われるのだが、PCに取り付けた状態で果たしてレッドに変色するという状況が訪れるのだろうか?というか、そもそも仮に訪れたとしたら、その時PCはかなり危機的状況に陥っているのではなかろうか…と、まぁ考え出したらキリがない。とにもかくにも、価格は1879円。高速電脳で販売中。

「WJAF8025K1」 実験中
ノーマルの状態。回転数は2000rpm(20dB)というもので、ファンの外周部分は透明のプラスチック紙コップに熱湯を入れてファンを置いたところ。みるみるうちにレッドに変色していく。この状態でファンを回すとすぐブルーに…
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ