このページの本文へ

ブルーに光るメモリ用ヒートスプレッダ「CL-C0001」がThermaltakeから

2004年07月29日 23時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「CL-C0001」 パッケージ
ブルーに光るメモリ用ヒートスプレッダ「CL-C0001」メモリをただ冷却するだけでは物足りないというユーザーにはお勧め
アルミ製ヒートスプレッダ スイッチ
手持ちのDDR SDRAMもしくはSDR SDRAMにアルミ製ヒートスプレッダを装着ブラケットタイプのスイッチを押して8通りの光かたから選択する

 Thermaltakeからブルーに光るメモリ用ヒートスプレッダ「CL-C0001」が発売された。付属のスイッチにより、8通りのパターンで発光するのが特徴だ。

 使い方は、手持ちのDDR SDRAMもしくはSDR SDRAMにアルミ製ヒートスプレッダを装着し、マザー上の 3ピンコネクタ~スイッチ~スプレッダという順に接続するだけ。後はブラケットタイプのスイッチを押して、好みの光かたに設定する。8通りの光かたは、点滅や端から徐々に点灯、ゆっくり点灯などさまざま。同社のウェブサイトにデモが掲載されているので、そちらで確認するとよいだろう。販売しているのはOVERTOPで、価格は1980円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ