このページの本文へ

ソニー銀行、資産形成をサポートする“MONEYKit-ACTIVE”の提供を開始

2003年12月08日 23時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー銀行(株)は8日、資産形成のための“行動”をサポートするサービス“MONEYKit-ACTIVE(マネーキット・アクティブ)”の提供を15日に開始すると発表した。

“MONEYKit-ACTIVE”のメインツールとなる“Position Gear”

“MONEYKit-ACTIVE”は、資産全体の状況をさまざまな角度から視覚的に把握するためのメインツール“Position Gear(ポジション ギア)”を利用して、取引結果の“残高情報”、残高チャートや商品別/通貨別ポートフォリオなど6種類の“サブ・ツール”、ソニーバンク内の直近6時間/24時間の売買比率と売買高を含む各種情報“ソニーバンク外国為替情報”の3つで構成される。初期表示の画面や、ツールの組み合わせ、位置、カラーバリエーション(7色)などをカスタマイズできる“マイツール”機能も用意されている。

新ロゴマーク
新ロゴマーク

同社では、新サービスの開始に合わせて、ウェブサイトのリニューアルとロゴマークの変更も行なった。ログイン前サービスサイトを新設するとともに、ログイン後のサービスサイト(MONEYKit、MONEYKit-PostPet)をリニューアルするほか、キャッシュカードのデザインも新しくした。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン