このページの本文へ

ソニー銀行が4月に発足

2001年03月23日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は23日、1月31日付けで金融庁に申請した“営業免許の予備審査(銀行法施行規則第2条)”の審査が終了したことを受け、4月2日付けで“ソニー銀行株式会社”(Sony Bank Inc.)を発足すると発表した。

新会社は、インターネットの特性を生かした個人顧客向け銀行サービス全般を行なう。資本金は375億円で、出資比率は、ソニーが80%、(株)さくら銀行が16%、JPモルガンが4%。所在地は東京都港区南麻布で、代表取締役社長には、現ソニーの金融サービス事業準備室室長が就任する。

同社は、今後、銀行業の免許を申請し、本免許を取得する予定。6月中の開業を目指しており、目標とする口座数/預金額は、開業3年後で40万/6000億円、5年後で60万/1兆円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン