このページの本文へ

ソニー銀行、円普通預金の金利を0.2%に引き上げ

2006年07月14日 22時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー銀行(株)は14日、円普通預金の金利を0.050%から0.200%(税引き後0.160%)に引き上げると発表した。18日に実施する。同社が円普通預金の金利を引き上げるのは2001年6月の開業以来初めてという。

同社では、“個人をよりマーケットに近づける”というコンセプトを基に、マーケットにより近い預金金利の提供を心がけているとしており、これまでも円定期預金、外貨預金の金利については定期的に見直しを行なっているという。なお、円定期預金の通常金利は、預け入れ期間が1年で0.500%(税引き後0.4000%)など。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン