このページの本文へ

スライド式ドライブカバー装備のBIOSTAR製キューブ型ベアボーン「iDEQ 200S」が発売

2003年07月17日 22時14分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「iDEQ 200S」

 BIOSTARから、同社としては発のキューブ型ベアボーンPC「iDEQ 200S」が発売された。マザーボードはPentium 4対応の同社製「P4SBA」で、“SiS651”チップセットを採用。BIOSTARのウェブサイトを見ると、このほかに“i865G”チップセットの「iDEQ 200T」、“nForce2”チップセットの「iDEQ 200N」もラインナップされている。



「P4SBA」 内部はひろびろ
マザーボードはPentium 4対応の同社製「P4SBA」内部
閉状態 開状態
ドライブカバー閉状態ドライブカバー開状態。電源/リセットスイッチが隠れる

 FSB533MHz、PC2700(DDR333)DDR SDRAMに対応。本体色はパールホワイトで、フロントパネルはクリアパネルを使用しスライド式のドライブベイカバーを設けたすっきりとしたデザインとなっている。ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1で電源容量は200W。拡張スロットはAGP×1、PCI×1、DIMM×2となっている。前面と背面にそれぞれUSB(2.0)×2、IEEE1394×1、S/PDIF×1の各インターフェイスを備えるほか、10/100base-TXイーサネット機能も搭載。価格はフェイスで2万7700円と比較的安価となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ