このページの本文へ

BIOSTAR製キューブ型ベアボーン「iDEQ」にAthlonバージョンが登場!

2003年07月31日 22時01分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iDEQ 200N

 スライド式のドライブベイカバーが特徴のBIOSTAR製キューブ型ベアボーンPC「iDEQ」。、今月中旬に発売されたPentium 4対応版「iDEQ 200S」に続き、本日Athlon対応版「iDEQ 200N」が登場した。



「M7MBA」 スペック一覧
内部。マザーボードは同社製「M7MBA」ポップより、スペック一覧

 マザーボードはチップセットに“nForce2 IGP”+“MCP-T”を採用した同社製「M7MBA」。FSBは333MHzまでの対応となるが、デュアルチャネルDDRに対応。拡張スロットはAGP×1、PCI×1、DIMM×2でPC3200(DDR400)DDR SDRAM対応。本体デザインはドライブベイカバーに“iDEQ”のロゴが入った以外は「200S」と変わっておらず、ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1で電源容量は200W。前面と背面にそれぞれUSB(2.0)×2、IEEE1394×1、S/PDIF×1の各インターフェイスを備える点も同様だ。価格はフェイスで3万1770円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ