このページの本文へ

ヤマダ電機とFIC販売、Centrinoモバイル・テクノロジ対応ノート『CTO DESIGNote 200』をB.T.O.販売

2003年07月11日 20時57分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ヤマダ電機とエフ・アイ・シー販売(株)は11日、“Centrinoモバイル・テクノロジ”対応ノートパソコン『CTO DESIGNote 200』を発売すると発表した。B.T.O.に対応しており、CPU、メモリー、HD、OSをカスタマイズできる。同日付けで受注を開始する。価格は15万4800円から。ヤマダ電機オリジナルパソコンとして“ヤマダ電機ホームページ”で販売する。納期は、受注から1週間。

『CTO DESIGNote 200』
『CTO DESIGNote 200』

『CTO DESIGNote 200』は、Pentium M、i855チップセット、Intel PRO/Wireless 2100で構成される“Centrinoモバイル・テクノロジ”に対応したノートパソコン。14.1インチTFT液晶ディスプレー(1024×768ドット)、DVD-ROM&CD-R/RWコンボドライブを搭載し、ネットワーク機能は、IEEE 802.11b準拠の無線LANと10/100BASE-TXを装備し、56kbpsモデムも搭載する。インターフェースはIEEE 1394×1、USB 2.0×3を装備し、拡張スロットはPCカード(Type II)×1を搭載する。電源はリチウムイオンバッテリーで、約5時間の駆動が可能。筐体にはマグネシウム合金を採用し、本体サイズは幅316×奥行き274×高さ27.1mm、重量は約2.2kg。日本語組み立てマニュアルとACアダプターが付属する。

ベースモデルは、Pentiun M-1.30GHz、128MBのメモリー(PC2100準拠DDR SDRAM)、20GBのHDD(Ultra ATA/100)を搭載し、Windows XP Home Editionをプレインストールして、価格は15万4800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン