このページの本文へ

日本IBM、中小システム向けに低価格版DB2を発表

2003年06月25日 22時13分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)(以下、日本IBM)は、中小規模システム向けの低価格版DB2『DB2 Universal Database Express Edition V8.1 for Linux and Windows』(以下、DB2 UDB Express)を6月27日より発売する。

DB2 UDB Expressは、2CPU以下の中小規模のシステムを対象に低価格で『DB2 Universal Database V8.1』のフル機能を提供するという製品。ソリューションプロバイダーがビジネスアプリケーションに組み込むといった用途を想定しており、アプリケーション組み込み時に自動導入を可能にする“サイレント・インストール”機能や、データベース構成を支援する“構成アドバイザー”機能、メモリ不足や表スペースがいっぱいになるといった状態になる前に電子メールなどで管理者に通知する“ヘルス・センター”機能などを持つ。

DB2 UDB Expressは、32ビット版のLinuxおよびWindowsに対応している。価格は10万7100円からとなる。

記事公開当初、誤った価格が掲載されておりました。正しくは現在公開されている価格となります。訂正してお詫びします。

カテゴリートップへ

ピックアップ