このページの本文へ

ニイウスなど3社がLinux上のCRMソリューションで提携

2003年06月10日 23時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ニイウス(株)は、イーゲインジャパン(株)、(株)ジェイワールドとそれぞれ提携し、LinuxプラットフォームでのCRMソリューションとシステム構築サービスを提供すると発表した。

今回の発表に基づき、ニイウスはイーゲインジャパンの顧客対応ソフト『eGain Assistant』と、ジェイワールドのマーケティング分析ソフト『eMplexCRM』を、それぞれ『IBM eServer xSeries』などのハードウェアとLinuxとバンドルして提供する。いずれも価格は個別見積もりとなる。ラックマウントのIAサーバとLinux、各アプリケーションを組み合わせた場合の参考価格はそれぞれ以下のようになる。

  • eGain Assistantソリューションセット……1000万円から
  • eMplexCRM ソリューションセット……700万円から

ニイウスは今後、顧客のニーズに応じたシステム構成の提案やチューニング、クラスタ環境の構築といったサービスにも対応するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ