このページの本文へ

メルコ、2.4GHz帯の54Mbps/11Mbpsの両方に対応した“IEEE 802.11g”準拠の無線LAN製品を発表

2002年12月12日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは12日、“BUFFALO”ブランドの新製品として、2.4GHz帯の54Mbps無線LAN規格“IEEE 802.11g(※1) ”と11Mbpsの無線LAN規格“IEEE 802.11b”の両方に対応した無線LAN製品を2月上旬から順次開始すると発表した。ラインアップは、法人向け無線LAN製品“AirStationPro Plus”シリーズの2.4GHz・54Mbps拡張機能付きインテリジェントアクセスポイント『WLM2-G54』、“AirStation”シリーズの2.4GHz・54Mbps無線LANアクセスポイント『WLA-G54』と無線LANカード『WLI-CB-G54』の3製品。価格と出荷予定は、『WLM2-G54』が12万8000円で2月下旬、『WLM2-G54』が3万500円で2月上旬、『WLI-CB-G54』が1万3200円。

※1 IEEE 802.11g: “IEEE 802.11g”は2003年5月ごろに正式承認が予定されており、同社では承認後、ファームウェアをバージョンアップして正式に対応するとしている。

『WLM2-G54』
『WLM2-G54』

『WLM2-G54』は、2.4GHz帯の54Mbpsと11Mbpsの同時通信に対応した無線LANアクセスポイント。既存の11Mbps無線LANの環境を基に、54Mbps無線LAN環境へ拡張できるのが特徴で、遮蔽物による影響が少なく、拡張するためのコストも低減できるという。販売中の2.4GHz/11Mbps無線LANアクセスポイント『WLM2-L11G』の基本機能を受け継いでおり、IEEE 802.1x/EAP(ファームウェアのアップデートが必要)やRADIUS(Remote Authentication Dial-In User Services)による認証、SNMP(Simple Network Management Protocol)、ループ状のネットワーク内でデータが循環するのを防止するととも障害時の迂回経路を確保できる“Spanning Tree”などをサポートするほか、アクセスポイント間通信やリピーター機能も搭載する。有線LANインターフェースは10/100BASE-TX×1。電源はAC100VでACアダプターを利用し、消費電力は9W。LANケーブルから給電できるPoE(Power over Ethernet)にも対応している。プロセッサーには米モトローラ社の『MPC8241-200MHz』を採用。本体サイズは幅195×奥行き46×高さ169mm、重量は2.03kg。ダイバーシティー方式のアンテナを内蔵する。壁取付金具が付属する。オプションカードを追加すればIEEE 802.11a/11gとの併用も可能。

『WLA-G54』『WLA-G54』

『WLA-G54』は、販売中の11Mbps無線LANブリッジモデル『WLA-L11G』の基本機能に、リピーター機能や10/100BASE-TX×4ポートのスイッチングHub機能を搭載した2.4GHz/54Mbps無線LANアクセスポイント。WAN/LANポートはAuto MDI/MDI-Xに対応する。セキュリティー機能は128bit/64bit WEPやパスワード、MACアドレスに対応する。MACアドレス登録数は1024。アクセス方式はインフラストラクチャーモードに対応。電源はAC100VでACアダプターを利用する。消費電力は最大6.6W。本体サイズは幅155×奥行き76×高さ170mm、重量は445g。PoEアダプターを利用すればLANケーブル経由の給電も可能。ダイバーシティー方式のアンテナを内蔵しており、外部アンテナの装着も行なえる。

『WLI-CB-G54』『WLI-CB-G54』

『WLI-CB-G54』は、2.4GHz/54Mbps無線LANに対応したCardBus用の無線LANカード。セキュリティー機能は128bit/64bit WEPとRADIUSに対応。アクセスはインフラストラクチャーモードをサポートする。電源は3.3Vで、消費電力は最大2W。カードサイズは幅54×奥行き102×高さ5mm、重量は36g。ダイバーシティー方式のアンテナを内蔵する。対応機種はCardBusを搭載したモデル。対応OSはWindows XP/Me/2000/98 SE。IEEE 802.11x/EAP認証に対応した接続ソフト『AirSupplicant』が標準で付属する。

同社では、今回発表した新製品により、製品化を表明していた“AirStation5x”シリーズで提供するとしていた2.4GHz帯無線LANとの互換性や高速通信(54Mbps)などに対応できるため、“AirStation5x”シリーズの製品化を中止するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン