このページの本文へ

【よしもと的アキバジャック!!Vol.2】秋葉原の街は吉本の芸人だらけ!

2003年03月16日 20時24分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10時半に開催された出陣式を終えて秋葉原の街中へ散って行った吉本興業の芸人達。1日店長のタスキと手にはメガホン。エリアごとに担当が分けられており、それぞれの区域をねり歩いたり、店頭でじゃんけん大会をしたり…。16日の秋葉原はどこへ行っても吉本の芸人がいるという状態だったが、さすがにトークはお手の物。何気なく立ち止まった通行人からも笑いがもれる。こんなイベントは秋葉原でも珍しい。ここではその様子をフォトレポートしよう。

オープンカーに乗って通行人に呼びかける「ガレッジセール」と「ハローバイバイ」 ラオックス ザ・コンピュータ館裏あたり。ショップ店員や通行人を巻き込んで盛り上げる「ガレッジセール」中央通り沿いにあるソフマップ1号店 Chicago前でじゃんけん大会を行う「森三中」。女性ファンも意外と多いようだ
ソフマップ1号店 Chicagoから中央通り交差点へと、メガホンを持ってねり歩く「森三中」 こちらも「森三中」。左の村上友子さんはつい最近冷蔵庫を買った(パンフレットプロフィールより)サトームセン本店前では「ジパング上陸作戦」と「ラフ・コントロール」が…。
ISHiMARU SOFT1から中央通り交差点へとゆくり進むオープンカー。2丁拳銃の宣伝カーとはち合わせると声が大きくなるツクモパソコン本店III前の「ガリットチュウ」。カメラに向かって「いいですね~」とポーズをとってくれたが、手には何故かYahooBBラオックス ザ・コンピュータBOOK館前でじゃんけん大会を行う「ワイビーワン」
芸人がじゃんけん大会を呼びかけるとすぐに人だかりができる。さすが吉本パワー昼から中央通りも歩行者天国に。よしもと芸人達が普通にアキバをねり歩いている光景は、考えてみると不思議だ人通りの少ない末広町へ行ってみると、そこにも芸人達が。写真は「ジパング上陸作戦」。東京に上陸を果たしたが、その苦労の様がドキュメンタリーで放送され認知度もアップしつつある
意外と人通りが少ないのが昌平橋近くにあるオノデン新館。メガホンで客を呼び込んでいる「ポテト少年団」を直撃ソフマップ3号店近くでじゃんけん大会を行っていた「バンクブーブー」。写真には写ってないが、一人一人じゃんけんをしているため長蛇の列 サトームセン パソコン館PC island前は「ニブンノゴ!」。登場前から人だかり。スタッフも整理に大変な様子
「じゃあ、グラビア風に(ポーズ)」と言ってじゃんけん大会特典のステッカーを手にポーズをとる「ニブンノゴ!」のリーダー歩行者天国の中央通り沿い、オノデン本館前の「はりけ~んず」。月1回は秋葉原に来てるとかアキハバラデパートがお気に入りとのこと(パンフレットより)
ツクモパソコン本店III前の「Bコース」。右からナベ、タケト、ハブラオックス買取センター前には「HABA-HABA」。「そこのPRESSって札つけた人!カメラ買い取っちゃいますよ~」髪がトレードマーク?の「まちゃまちゃ」。歩行者天国の通央通りをねり歩く
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ