このページの本文へ

星野金属工業の電源外付けタイプベアボーンPC「Cream」「Baron」のサンプル版が展示開始!

2002年12月19日 23時38分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Cream(クリーム) Baron(バロン)

 電源を外付けにするという新たな発想で注目を集めている星野金属工業(ソルダム)のATXケース「EX1000R」MicroATXケース「EX700R」。それらに続き、同じく外付け電源を採用したベアボーンPC「Cream(クリーム)」と「Baron(バロン)」のサンプル展示がTSUKUMO eX.で始まっている。どちらもマザーボードはキューブ型ベアボーンでお馴染みの「FB51」。



背面ファン装備 内部
ドライブベイは取り外し可能 マザーぎりぎりサイズ

 「Cream」は電源外付けによる小型化を重視したモデル。サイズは153(W)×285(D)×206(H)mmで、縦に置いた「FB51」のサイズぴったりというもの。ベイ数は5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×1とさすがに少ないが、AGP×1、PCI×1という拡張スロットはどちらも使え、Low Profileタイプではない通常のサイズのカードが差せる。



背面ファンは6段階可変 内部
外部ベイもユニット化 マザーボードはFB51

 対して「Baron」は拡張性を重視したモデル。サイズは250(W)×296(D)×206(H)mmで、ドライブベイの位置など一見小振りなマイクロタワーケースといった外観。ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×2。背面に装備された8cm角の排気ファンは、6段階の高さ調節が可能。

 どちらも電源はこれまで登場しているケースと同様の350W外付け電源「Varius EX350」。前面にS/PIDF、オーディオIn/Out、USB2.0×2、IEEE1394×1の各ポートをそなえ、カラーバリエーションはシルバーメタリック、ブラック、ホワイトパールマイカの3色。店頭販売は来週半ば予定ということだが、星野金属工業(ソルダム)のウェブサイトではすでに販売受付が開始されている。Web販売価格はどちらのモデルもシルバーメタリックとブラックが5万9800円、ホワイトパールマイカが6万800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ