このページの本文へ

オンボードデバイスほとんどなし、前世代チップセット…激安マザーボード4種類がJetwayから登場!

2002年10月18日 00時00分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
845PEA

 主要メーカーの製品はほぼ出揃い、あとはイーサネットやRAIDなどのオンボードデバイスのある/なし、フォームファクタの違いなどのバリエーションモデルが乱立していささかややこしい状況にあるi845GE/PEマザーボード。本日はまだ発売していなかったベンダの1つ、Jetwayからi845GE/PEモデルが同時に発売となった。型番はそれぞれ「845GEA」「845PEA」。



LANもなし。昔はみんなこうだった
安いです

 昨今のマザーボードといえばギガビットイーサ、IEEE1394…とオンボードデバイスがゴージャス化する傾向が強く、すでに100Base-TXイーサネット程度は付いていて当たり前という感覚。しかし今回のJetway製品では4chオーディオ以外一切搭載していないというシンプルな構成となっている。基板もi845GE/PEマザーボードにしてはスリムなものになっている。
 拡張スロットはAGP×1、PCI×5、CNR×1、DIMM×2。オーバークロック関連の設定は、マニュアルを見る限り記述どころか項目すらなく自動設定のみと思われる。価格はコムサテライト1号店で「845GEA」が1万980円、「845PEA」が1万700円とさすがの低価格となっている。



650EML
740DMP

 また同じくJetwayからは、“SiS640”を搭載したPentium 4マザーボード「650EML」、“SiS740”を搭載したSocketAマザーボード「740DMP」も同時に発売されている。いずれも“今さら”感の漂うチップセットではあるが、その分非常に安価となっており、コムサテライト1号店でそけぞれ8980円、8580円。いずれもMicroATXフォームファクタを採用し、拡張スロットは「650EML」がAGP×1、PCI×3、CNR×1、DIMM(SDRAMのみ対応)×2。「740DMP」がPCI×3、DIMM×2となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ