このページの本文へ

アルファデータ、USB接続のMPEG-1/2録画対応ステレオTV/FMチューナーを発売

2002年07月09日 15時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アルファデータは9日、USB接続のステレオ対応TV/FMチューナー『AD-UTF7S』を7月下旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想価格は1万7000円。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。

『AD-UTF7S』
『AD-UTF7S』

『AD-UTF7S』は、パソコンのUSB 1.1ポートに接続することで、VHF(1~12ch)、UHF(13~62ch)、FM(76.0~90.0MHz)の放送を視聴できるチューナー。TV番組を視聴しながらの録画やビデオ機器などからの録画も可能。視聴と録画ともにステレオに対応する。付属のサイバーリンク(株)のビデオキャプチャーソフト『PowerVCR TV Edition LE』により、MPEG-1/2形式でのTV録画や予約録画、動画からのBMP形式での静止画キャプチャーも可能で、CMカットや番組のライブラリー作成も行なえる。

ビデオ入力は、RCAピンジャックとS映像端子の2系統。本体サイズは幅75×奥行145×高さ35mm、重量は約220g。消費電流は480mA(ACアダプターとUSBバスパワー併用)。録画解像度は最大352×288ドット。録画ビットレートは最大10Mbps。静止画キャプチャー解像度は320×240ドット。

付属品はUSB接続ケーブル(0.9m)、RFアンテナケーブル(5m)、Sビデオケーブル(1.15m)、RCAビデオケーブル(1.5m)、ステレオオーディオケーブル(1.5m)、ACアダプターなど。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン