このページの本文へ

Macromedia Dreamweaver MX日本語版

Macromedia Dreamweaver MX日本語版

2002年08月15日 00時00分更新

文● 西 真由

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Macromedia Dreamweaver MX日本語版

マクロメディア

4万8000円

全世界で240万人ものプロユーザーが利用しているWebページ作成ソフト「Macromedia Dreamweaver」の新バージョンが8月2日に発売された。1年半ぶりのバージョンアップとなる本製品は、HTML手書き派向けの機能を強化するなどハイエンド寄りの改良がなされている。

とっつきやすい
インターフェイスに進化

Macromedia Dreamweaver MX 日本語版
画面1 「Macromedia Dreamweaver MX 日本語版」のメイン画面。

Macromedia Dreamweaver MX 日本語版
画面2 前バージョンからインターフェイスが一新されたが、前バージョンに慣れている人のために、環境設定で元に戻すこともできる。画面3のように「HomeSite/Codeスタイル」に設定することも可能。
 新バージョンの「Macromedia Dreamweaver MX 日本語版」(以下、Dreamweaver MX)は、FlashやFireworksなどほかのマクロメディア製品とインターフェイスが統一された。その影響で、画面に多くの改良が加えられている。
 まず、たくさんのツール群が集められた「挿入」画面は、前バージョンではプルダウンメニューによる切り替えであったが、これがタブによる切り替えに変更された。画面自体は必要に応じてほかの画面とグループ化/ドッキングも可能にし、カスタマイズが自由にできる(画面2)。また、ページ内の文字書式を変更するための「プロパティ」画面には、HTMLとCSSのモード切り替えボタンが付いた。ボタンをクリックすることで、このプロパティ画面からCSSのクラスが変更できる。これにより、通常のフォント設定と同じ感覚でスムーズにスタイル設定ができる。



HTML手書き派に便利な機能

Macromedia Dreamweaver MX 日本語版
画面3 画面表示を「HomeSite/Codeスタイル」にすると、HTMLを手書きする人に最適な環境で表示される。

 Dreamweaverといえば、どちらかというとデザイナー向けのソフトという印象が強かったが、新バージョンでは、同社製のHTMLコーディングソフト「Macromedia HomeSite」の機能を統合し、HTMLを直接編集するWebプログラマにとって使いやすく強化されている。
 これまで、コード編集しかしないプログラマがDreamweaverを使う場合、起動するたびに不必要なツールバーやウィンドウを消したり、HTML編集画面に切り替えるなど、理想の環境に整備する煩わしさがあった。しかし、新バージョンでは、コード編集中心の作業環境が選択できる「HomeSite/Codeスタイル」という専用画面が登場したので、起動するたびに設定する手間もなくなる(画面3)。

Macromedia Dreamweaver MX 日本語版
画面4 プルダウンメニューでリストからタグメニューが表示される。これ以外にも、利用したタグを記憶しておき、別の場所で再利用する「スニペット」という機能も追加された。
 コード編集時には、これから書こうとするタグをあらかじめ予測し、その選択肢をプルダウンで表示するので、プログラマはこの選択肢から適当なものを選ぶことにより、コードを素早く記述できる(画面4)。また、コード内でタグを右クリックして「タグエディタ」というダイアログボックスを表示すれば、そのタグに付けることができる属性の編集ができる。

 実のところ、今回マクロメディア社が推すバージョンアップの大きなポイントは、ASP、PHP、ColdFusionなどのサーバサイドスクリプトを使ったWebアプリケーションの構築に対応した点だ。Webアプリケーションサーバと連携して、ライブデータを常に表示しながらページデザインを行える同社製品「UltraDeveloper」の統合もそのひとつである。それ故、実売価格も前バージョンと比較して倍以上の4万8000円とやや高めである。よって、専門的なユーザー以外のエンドユーザーにとってバージョンアップをするべきかどうかというのはやや疑問だ。
 しかし、単にHTMLでサイトを構築するのではなく、Webアプリケーションも作成しているような初心者Webプログラマにとっては、かなり使いでのある製品だ。


Macromedia Dreamweaver MX 日本語版の主なスペック
製品名 Macromedia Dreamweaver MX 日本語版
OS Windows 98 SE/Me/NT4.0 SP6/2000/XP、Mac OS 9.1/9.2.1/X 10.1
CPU PentiumII-300MHz以上(Windows版)、Power Macintosh G3プロセッサ以上(Macintosh版)
メモリ 96MB以上(128MB以上を推奨)
HDD 275MB以上

競合・関連製品レビュー

ホームページ・ビルダー V6.5 with HotMedia Adobe Web Special Pack
日本IBM「ホームページ・ビルダー V6.5 with HotMedia」レビューアドビシステムズ「Adobe Web Special Pack」レビュー
GoLive 5.0 Macromedia Dreamweaver 4 日本語版
アドビシステムズ「GoLive 5.0」レビューマクロメディア「Macromedia Dreamweaver 4 日本語版」レビュー

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン