このページの本文へ

コレガからコンパクトフラッシュ型イーサネットアダプタが登場!

2002年03月28日 22時37分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CF-TD

 プラネックスの「CF-10T」、エレコムの「LD-CF/T」などが発売されている、コンパクトフラッシュ型イーサネットアダプタ。コレガからも同様の製品「CF-TD」が発売され、アキバに初お目見えした。



CF-TD

 対応OSはWindows XP/2000/Me/98、そしてWindows CE 3.0(Pocket PC、Handheld PC 2000)。Windows CEの場合はOS標準のドライバを使用するため、コンパクトフラッシュスロット(Type I/II)に装着するだけで使用が可能とのこと。
 サイズは42.8(W)×88.0(D)×14.8(H)mmで、カプラ部分を本体と一体化したコンパクトなデザイン。10Base-Tのみの対応となっており、100Base-TXに対応しないところに物足りなさを感じる方もおられるかもしれないが、もともとはPDAやハンドヘルドPCなどWindows CE機での使用を想定した製品。



CF-TD

 もちろん、コンパクトフラッシュスロットを持っていればノートPCでも使用可能であり、専用のPCカード変換アダプタ「CF-ADP」と併用すれば、普通のイーサネットPCカードと同様に使用できる。
 価格はDOS/Vパラダイスネットワークセンターで4380円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ