このページの本文へ

“スリー・ポインテッド・スター”はないけどライトが光るベンツCクラスもどきマウスが登場

2002年03月02日 21時03分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ベンツもどきマウス
パッケージには「shape similar to Mercedes Benz」の文字とCクラスのフロントマスクが

 構造が比較的簡単で形状の自由度が高いということなのか、動物型、あるいはキャラクターを模したものなどこれまで様々な珍品が登場しているマウス。今度登場するのは、自動車“メルセデス・ベンツCクラス”もどきという製品だ。



ベンツもどきマウス 本物
こちらがマウスで…こちらが本物のCクラス(提供:auto-ASCII24)
ベンツもどきマウス

 販売元はセリング。資料によればCクラス中の上級グレード「C320」もどきとされており、型番(AP-320)もそれに倣っているが、実際のCクラスの外観はより下のグレードでもほとんど同じ。わざわざC320と指定したのは、どうせなら上級グレードをこの手に…という演出と思われる。
 スクロールホイールの周囲に格子模様の入ったクリアパネルをはめ込んでフロントグリルに見立て、左右のクリックボタンをCクラス独特のヘッドライトそのままの形状としている。前から見るとほら、Cクラス…ということなのだが、似ているのはヘッドライトだけ、グリルをもう少し下げてライトの間に持ってくれば良かったのに、という気がしなくもない。ただしヘッドライトは手が混んでおり、クリックすると光るというもの。LEDは赤なので、ヘッドライトというよりウインカーかも?!



ベンツもどきマウス ベンツもどきマウス
このとおり、クリックボタンが光るようになっている

 インターフェイスはPS/2のみで、ボール式。ボディカラーは一見メルセデスおなじみのシルバーに見えるシャンパンゴールド(型番:AP-320CG)、そしてブルー(型番:AP-320BL)の2色。
 近日入荷を予定しているのはCUSTOMとUSER'S SIDE本店。CUSTOMによれば発売は3月10日以降で予価は2680円、まだ仕様変更の可能性があるとのこと。またUSER'S SIDE本店では展示を行っているので、興味のある方は試しにクリックしてみてはいかがだろうか。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ