このページの本文へ

【テストレポート】女性サイト“Shes.net”とS&Bがレトルトカレーを共同開発――そのお味は…

2001年07月16日 22時46分更新

文● ポケットアスキー 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CSKネットワークシステムズ(株)とエスビー食品(株)は9日付けで、CSKネットが運営する女性限定無料プロバイダー“Shes.net”の会員の声を反映したレトルトカレー『Shes.net きのことビーフのカレー(中辛・辛口)』(以下、Shes.カレー)を、8月13日に全国量販店およびコンビニエンスストアで発売すると発表した。きのこにはマッシュルームとしめじを使い、ソースはクリームを加えた欧風タイプに仕上げている。1パック230gで標準小売価格は200円。

『Shes.net きのことビーフのカレー』
『Shes.net きのことビーフのカレー』

今回編集部はいちはやく商品を手に入れ、「会員10万人の声を集めて作ったカレー」の実力をチェックした。

ascii24編集部と月刊アスキー編集部の編集部員が試食
ascii24編集部と月刊アスキー編集部の編集部員が試食

時間がない時、あまりメニューを考えたくない時の昼食に

“Shes.net”は1999年11月のオープンより、会員データベースを利用したプロファイルサービスや、マーケティングサービスを展開してきた。今回の企画は、昨年11月に“Shes.net”側がエスビーに共同の商品開発企画を提案したのが、始まりだという。

“Shes.net”によれば、当初は固形ルーという選択もあったが、「女性がどんなときにカレーを食べるか」という会員アンケートの結果、レトルトに照準をあてたそうだ。なんでも、“自分ひとりの簡単な食事”“時間がない時の(あまりメニューを考えたくない時の)昼食”という意見が最も多かったという。この意見は、そのまま今回の商品開発のコンセプトにもなっている。

パウチ正面には、“Shes.net”のロゴが印字されている
パウチ正面には、“Shes.net”のロゴが印字されている

価格は安めに、ボリュームは多く

商品開発にあたり、会員を対象としたアンケート調査(※1)を合計3回行ない、「レトルト製品の利用頻度と市販製品に対する要望」から、「味・価格など求められるカレー像」、「サンプルの試食」――と商品像を絞り込んでいった。Shes.カレーは、素材や味付けだけでなく、内容量や標準小売価格の設定にも、会員の声が反映されているという。

※1 アンケート調査 企画にあたっては、掲示板や電子メールを開設し会員/非会員から意見を集めたほか、3643人の会員にアンケート調査を行なった。

今回はこのShes.カレーの中辛と、“Shes.net”編集部員も意識したという、具にマッシュルームを使い欧風に仕上げているライバル商品の『A 中辛』を比べてみた。内容量は230gとライバルよりも20g多く、標準小売価格は75円安くなっている。

内容量
  • Shes.カレー:230g
  • ライバルA:210g
カロリー
  • Shes.カレー:235kcal
  • ライバルA:247kcal
標準小売価格(カッコ内は実売価格)
  • Shes.カレー:200円 (未発売)
  • ライバルA:275円 (220~275円)
パウチの左上隅には、箸穴が
パウチの左上隅には、箸穴があけられている。お湯で温めた場合、熱湯からパウチを取り出すのに便利。このへんにも会員の声が生かされているのだそうだ

味も値段も“あっさり”め!?

続いて、ascii24編集部と月刊アスキー編集部からカレーに一家言のあるという女性編集者と、3人でその味を比べてみた。Shes.カレーのソースはあっさりしており、「もっと煮詰めてほしい」(矢島)という意見も。しかし、具のマッシュルームとしめじは「自然なかんじ」(桑本)と、ライバルAに比べShes.カレーのほうが評価が高かった。

Shes.カレーの盛り付け例
Shes.カレーの盛り付け例
ソースについて
  • Shes.カレーはソースがゆるいので、もっと煮詰めてほしい。玉ねぎをもっとよく炒めてほしい。自分で一手間かけて、ハーブを入れて煮なおしたらおいしいだろう。カレーうどんには向いているかもしれない(矢島)
  • Shes.カレーの方があっさりとしていている。食べやすいと思う(桑本)
  • 胃腸が弱いので、ライバルAのコクは、もたれる感じがあってちょっと苦手。Shes.カレーはサラサラと胃に流し込めて、ちょうどいいゆるさ(伊藤)
マッシュルームとしめじ(Shes.カレー)。マッシュルーム(ホール)が4つ入っていた
マッシュルームとしめじ(Shes.カレー)。マッシュルーム(ホール)が4つ入っていた
具について
  • Shes.カレーは、きのこそのものの味がする(矢島)
  • 自然なかんじがする。とにかく“きのこ”のカレーが食べたいときは、Shes.カレーか(桑本)
  • どちらのきのこも、歯ごたえが残っていてよい(伊藤)

今回比較したライバルAは、雑誌やテレビのレトルトカレー人気調査で、常に上位を占めるヒット商品だ。リッチなコクが楽しめるライバルAと、自然であっさりとした味わいのShes.カレー。安さとボリュームではShes.カレーに軍配があがるが、競争の激しいレトルトカレー市場のなかで、ライバルはAだけではない。インターネット発の新製品が生き残れるか? カレー好きでなくても気になるところだ。

完食。今回試食したのが中辛ということもあるが、おすそわけにあずかった2人の男性は、「Shes.カレーは、コクが足りなくてカレースープのよう。ライバルAはコクはあるが、人工的。マッシュルームは、Shes.カレーのほうがうまい」(中塚)。「Shes.カレーはうすいかんじ」(中西:写真)――とコメントしてくれた。完食。今回試食したのが中辛ということもあるが、おすそわけにあずかった2人の男性は、「Shes.カレーは、コクが足りなくてカレースープのよう。ライバルAはコクはあるが、人工的。マッシュルームは、Shes.カレーのほうがうまい」(中塚)。「Shes.カレーはうすいかんじ」(中西:写真)――とコメントしてくれた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン