このページの本文へ

PFU、『Happy Hacking Keyboard』にUSBモデルなどを追加

2001年03月21日 18時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ピーエフユーは21日、コンパクトキーボード『Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)』シリーズに、カーソルキーを追加したUSBインタフェースモデルなど合計4モデルを追加、『Happy Hacking Keyboard Lite2(ライト2)』として同日付で発売したと発表した。出荷開始は4月2日。発売するのは、PS/2インターフェースで英語配列の白色モデル『PD-KB200W/P』、ボディーカラーを黒色にした『PD-KB200B/P』、インターフェースをUSBにした『PD-KB200W/U』、PS/2インターフェースの日本語配列モデル(ボディーカラーは白色)『PD-KB210W/P』の4モデルとなる。価格はオープンプライス(予想販売価格は各7800円)。

英語配列のキーボード上面
『Happy Hacking Keyboard Lite2』(英語配列)
日本語配列のキーボード上面
『Happy Hacking Keyboard Lite2』(日本語配列)

『Happy Hacking Keyboard』シリーズは、IBM PC/AT互換機(PS/2)・Sun互換機・Macintosh(ADB)のいずれにも対応可能なオリジナルモデルと、IBM PC/AT互換機(PS/2)専用で低価格なLiteモデルの2種類を販売しており、小型でSun Type3キーボードにならった英語配列を採用しているのが特徴。Lite2シリーズは、“ノートパソコンやMacintoshなど、USBインタフェースしか持たな機種でも使いたい”、“コンパクトな日本語配列キーボードがほしい”などの要望に応えて発売するとしている。USBモデルは2ポートのHub機能を搭載する。キー仕様はメンブレンスイッチ(3.8mmストローク、ソフトスナップ)、19.05mmキーピッチ、押下圧は約55g。キー数は英語配列モデルが65個、日本語配列モデルは68個。本体サイズは幅294.0×奥行き120.5×高さ38.6mmで、重さは約680g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン