このページの本文へ

Happy Hacking Keyboard Lite 2(PD-KB200W/Pほか)

Happy Hacking Keyboard Lite 2(PD-KB200W/Pほか)

2001年03月23日 18時26分更新

文● 山根

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)PFUは、コンパクトサイズのキーボード「Happy Hacking Keyboard」シリーズにUSBインターフェイスなどを持つ4製品を追加した。4月2日より量販店、および直販サイトで発売を開始する。

 「Happy Hacking Keyboard」シリーズは、東大名誉教授 和田英一氏とPFU研究所の共同研究で製作され、Sunワークステーション用キーボードをモデルとしたキー配列と、良好なキータッチが特徴。PS/2(DOS/V)/SPARCstationキーボード端子(Sun互換機)/ADB(Macintosh)に対応する「オリジナル」シリーズ(直販価格1万3800円)と、PS/2のみを持つ低価格(直販価格7000円)の「Lite」シリーズがある。
 今回発売される製品は、Liteシリーズをベースに全製品にカーソルキーが追加され、USBインターフェイスを採用するモデル、本体がブラックカラーのモデル、日本語配列を採用したモデルなどが用意される。

Happy Hacking Keyboard Liteの英語配列モデル
「Happy Hacking Keyboard Lite」の英語配列モデル。カーソルキーは右下に配置されている。

 モデルの内訳は、PS/2接続で英語配列のモデル「PD-KB200W/P」、PS/2接続で英語配列の黒モデル「PD-KB200B/P」、USB接続で英語配列の白モデル「PD-KB200W/U」、PS/2接続で日本語配列の白モデル「PD-KB210W/P」。なお、USB接続のPD-KB200W/UはUSBポートを2つ装備し、ハブ機能を持つ。
 キー数は英語配列が68個、日本語配列が65個。本体サイズは294(W)×120.5(D)×38.6(H)mmで、重量約680g。価格はいずれも7800円。
 対応機種は、USB接続のPD-KB200W/UがWindowsおよびMacintoshで、PS/2接続の3製品はWindowsのみ。

Happy Hacking Keyboard Liteの日本語配列モデル
「Happy Hacking Keyboard Lite」日本語配列モデル。

(株)PFU
問い合わせ先 0120-144-541

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン