このページの本文へ

米AMD、『AMD Duronプロセッサ』700/650/600MHzを正式発表――同クロックのCeleronより最大で25%高速とアピール

2000年06月19日 00時00分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米AMD社は19日(現地時間)、5日に出荷開始とだけ発表していた、1000ドル(約10万6000円)以下の低価格パソコン向けプロセッサー『AMD Duronプロセッサ』を正式発表した。動作周波数や1000個ロット時の価格は、5日の発表と同じく、700MHzが2万3040円、650MHzが1万8480円、600MHzが1万3440円。リリースによると、同じ動作周波数のインテルCeleronに比べて、最大で25パーセント高速であるとしている。

『AMD Duronプロセッサ』
『AMD Duronプロセッサ』



Duronは128KBの1次キャッシュメモリーと、64KBの2次キャッシュメモリーをプロセッサーコアと同じダイ上に搭載している。米テキサス州オースチンの“Fab25”において、0.18μmプロセス、アルミニウム配線技術により製造される。提供されるパッケージは、“Socket A”(462ピンのPin Grid Array)のみ。

同社のリリースによると、米コンパックコンピュータ社、米ヒューレット・パッカード社、米IBM社、オランダの富士通・シーメンス・コンピューターズ社、国内では日本電気(株)がDuron搭載システムの投入を予定している。

なお、『AMD-K6プロセッサ』ファミリー製品については、ローエンドデスクトップパソコンやモバイルパソコン向けとして、2001年まで継続して販売する予定としている。

製品名 インテルCeleron AMD Duron
1次キャッシュ 32KB 128KB
2次キャッシュ 128KB 64KB
FSB 66MHz 200MHz
パッケージ FC-PGA(Socket 370) Socket A
現時点の最高動作周波数製品 600MHz 700MHz


DuronとCeleronの仕様比較表

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン