このページの本文へ

米CAと米Red Hat、企業向けのLinux分野で提携

2000年01月27日 19時56分更新

文● 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Computer Associates International(以下CA)と米Red Hatは26日(現地時間)、企業向けのLinux分野で提携した。提携内容は、ソフトウェア販売、サポート、マーケティングなど包括的に行なうというもの。

 この提携により、両社は米Red Hatの企業向けLinuxディストリビューション「Red Hat Linux Enterprise Edition」に、CAの企業マネージメントソフト4製品をバンドルする。また、CAの直販部門は、Red Hat Linux Enterprise Editionおよびバンドル製品のサポート契約の販売を行なう。

 CAのバンドル製品は以下のとおり。

  • バックアップ管理ソフト「ARCserveIT for Red Hat Linux」
  • アンチウイルスソフト「InoculateIT for Red Hat Linux」
  • Web管理ソフト「MasterIT for Red Hat Linux」
  • ネットワーク管理ソフト「NetworkIT for Red Hat Linux」

カテゴリートップへ

ピックアップ