このページの本文へ

やっぱりスタイリッシュに持ち歩きたい

VAIO type Pにケースはいらない?

2009年02月03日 10時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
type Pの純正キャリングケースを集めてみた

type Pの純正キャリングケースを集めてみた

型にハマらないから入れ物には苦労する

 ソニーの直販サイト「ソニー・スタイル」ではtype P専用のキャリングケースをいくつか販売している。普通に考えればこれらをチョイスするのが正しい選択。というわけで、まずは純正キャリングケースを取り寄せてみた。

アクセサリーキット

「アクセサリーキット」は本体カラーと同色のキャリングポーチ、ACアダプターケース、Bluetoothマウス、それにクリーニングクロスがセットになったもの。お値段もソニー・スタイルで9800円とリーズナブル

本皮製キャリングケース

「本皮製キャリングケース」はブラックとホワイトがある。本体はスッポリ収まるがACなどの付属品を入れるスペースはない。ソニスタで1万1800円

牛革製ゴールドキャリングケース

金色に輝く「牛革製ゴールドキャリングケース」。女性が持つのはいいのだろうが、筆者にはちょっと眩しすぎる……。ソニスタで9980円

本皮製キャリングカバー

天面と底面を覆う「本皮製キャリングカバー」。外観が手帳っぽくなる。現在黒しかないが、赤があれば欲しいかも……。ソニスタで9980円

 純正の中なら「アクセサリーキット」が欲しいかも。色も合っているし、マウスとかクリーニングクロスとか必要なものが一気に揃う。また、「本皮製キャリングカバー」があれば本体にベトベト指紋が付くのを防げていいかもしれない。しかし、筆者の使用シチュエーションを考えるとこれだけでは不足だ。

ちなみに、キャリングケースとしてはモバイルギア用のケースがぴったり

ちなみに、キャリングケースとしてはモバイルギア用のケースがぴったり。ポケットがあってACアダプターなどの周辺機器も収納できる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン