このページの本文へ

カシオの最強カメラケータイも登場だ

時代はWワンセグ? ソフトバンクの春端末

2009年01月30日 15時30分更新

文● 中山 智、西川仁朗/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ケータイ史上最強カメラがいよいよソフトバンクモバイルに登場

800万画素EXILIMケータイ「930CA」

「930CA」。EXILIMケータイがスムーズに動いて連射も凄いぞ

 有効画素数約809万画素のCMOSセンサーを搭載した最強カメラケータイ「930CA」。背面は大きなレンズ部分が大きく、デジカメと見間違うほど。

小さなふたつのボタンは、右ボタンで「カメラ機能「を起動し、左ボタンで写真を閲覧する「スナップビューア」が起動

 この端末の最大の売りの1つがカメラの起動の速さだ。ボタンを押してから0.99秒と高速で立ち上がりすぐに撮影できる。ボタンが小さく深めに押し込まないと起動しないので、意図せずに起動するようなことはほとんどないだろう。下の動画は縦型にしてメールを読んでいた女性がすぐにカメラに切り替えるシーン。右手の親指がボタンを押してから、カメラ撮影までほんの一瞬の時間なのが分かる。

撮影した写真を閲覧する「スナップビューア」。インターフェースがタッチパネル用に似ているので、つい液晶をさわってしまいがちだが、タッチパネルではないのでボタンで操作する

この端末は連射機能も充実しており、最大10枚まで設定できる

これが10枚連続で撮影した写真を表示したところ。歩いている人が徐々に移動している

レンズ部分が若干盛り上がっているが、全体的に薄型。デジカメと携帯を2台持つことを考えたら、この薄さは驚異的

モバイルウィジェット対応「830N」

「830N」。画面に表示されている四角いアイコンがモバイルウィジェット。NECはシャープ端末に続いて2社目の参入となった。液晶は半透過型液晶「モバイルシャインビュー」を採用しており、屋外でも見やすい

 カラーバリエーションごとにキーに印字されているフォントが違うなど、デザイン重視の「830N」。モバイルウィジェットに対応するなど、機能面でも先進的なものになっている。

約13.9ミリの薄型ボディー。スライド時には若干湾曲する。カーブを描くデザインによって画面の見やすさが向上している

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン