このページの本文へ

トリプルチャンネルセット

Xデー直前! トリプルチャンネルセットが続々発売!

2008年11月14日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Xデーを明日に控えた本日、「Core i7」用のDDR3メモリトリプルチャンネルセットが各社より続々登場した。

SanMax

 SanMaxからは1GB3枚セットの「SMD-3G88NP-13H-T」と2GB3枚セットの「SMD-6G88NP-13H-T」が登場。いずれもElpidaチップ搭載のDDR3-1333(PC3-10600)対応、CL9-9-9-24(DDR3-1066時はCL7-7-7-21)となる。販売しているのはアークで「SMD-3G88NP-13H-T」が1万7800円、「SMD-6G88NP-13H-T」が2万9980円となっている。

SanMax SanMax
国産モジュールメーカーであるSanMaxからも「Core i7」用のDDR3メモリトリプルチャンネルセットが2モデル発売

Corsair

 Corsairからは1GB3枚セットの「TR3X3G-1600C9」と2GB3枚セットの「TR3X6G-1600C9」が登場。DDR3-1600(PC3-12800)対応、CL9-9-9-24となる。販売しているのはBLESS秋葉原本店で「TR3X3G-1600C9」が1万8980円、「TR3X6G-1600C9」が3万6800円となっている。

Corsair Corsair
1GB3枚セットの「TR3X3G-1600C9」と2GB3枚セットの「TR3X6G-1600C9」が登場

A-DATA

 A-DATAからはDDR3-1600(PC3-12800)/CL8-8-8-24に対応する1GB3枚セットの「AD31600E001GU3K」と2GB3枚セットの「AD31600E002GU3K」、DDR3-1333(PC3-10600)/CL7-7-7-21に対応する1GB3枚セットの「AD31333E001GU3K」と2GB3枚セットの「AD31333E002GU3K」が登場。価格はOVERCLOCK WORKSで「AD31600E002GU3K」が5万500円、「AD31600E001GU3K」が2万7200円、「AD31333E002GU3K」が4万5700円、「AD31333E001GU3K」が2万4800円となっている。

A-DATA A-DATA
A-DATAからはDDR3-1600(PC3-12800)とDDR3-1333(PC3-10600)の3枚組が登場

G.SKILL

 G.SKILLからは1GB3枚セットの「F3-10666CL9T-3GBNQ」と2GB3枚セットの「F3-10666CL9T-6GBNQ」が登場。DDR3-1333(PC3-10600)対応、CL9-9-9-24となる。販売しているのはOVERCLOCK WORKSで「F3-10666CL9T-3GBNQ」が1万3500円、「F3-10666CL9T-6GBNQ」が2万8600円となっている。

G.SKILL G.SKILL
1GB3枚セットの「F3-10666CL9T-3GBNQ」と2GB3枚セットの「F3-10666CL9T-6GBNQ」が登場

SanMaxとアークのコラボレーション企画「Premium Saury 2」シリーズ

 また、同時にSanMaxとアークのコラボレーション企画「Premium Saury 2」シリーズから、オリジナルヒートスプレッダ採用のDDR2メモリ「SMD-2G48C1P-AE-D」が発売となっている。製品は、Micron D9GMHチップ採用のDDR2-1066(PC2-8500)対応メモリで、1GB×2枚セット。レイテンシおよび電圧は、EPP時DDR2-1066/CL5-5-5-15/2.1-2.2V、デフォルト時DDR2-667/CL5-5-5-15/1.8V。特製ヒートスプレッタを採用しているので、完売後の次回入荷予定はないという。価格は1万1980円だ。

「SMD-2G48C1P-AE-D」
SanMaxとアークのコラボレーション企画「Premium Saury 2」シリーズから、オリジナルヒートスプレッダ採用のDDR2メモリ「SMD-2G48C1P-AE-D」も発売
スペック
レイテンシおよび電圧は、EPP時DDR2-1066/CL5-5-5-15/2.1-2.2V、デフォルト時DDR2-667/CL5-5-5-15/1.8V。特製ヒートスプレッタを採用しているので、完売後の次回入荷予定はない

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中