このページの本文へ

Skypeと伊藤忠が提携

海外電話が安い! Skypeのクーポンがファミマで買える

2008年10月20日 16時28分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Skype」といえば、テキスト/音声/ビデオでのコミュニケーションに対応したメッセンジャーソフトだ。20日、伊藤忠商事とルクセンブルグのスカイプ・コンピュニケーションズは提携を発表し、Skypeの有料通話機能である「Skype Out」用のクーポンをファミリーマートで発売すると発表した。



クレジットカードに抵抗がある人には朗報


Skype Out
Skype Outで電話をかけようとしているところ

 Skypeは、Skype同士なら無料で通話できるという点が受けて、2008年9月末までに全世界で3億7000万人もの登録ユーザーを獲得している(うち日本語ユーザーは1000万人)。このSkypeで、固定電話やケータイに電話をかけられる有料機能がSkype Outだ。ユーザーはクーポン「Skypeクレジット」を購入し、Skypeの画面から電話番号を入力することで通話が可能になる。

 通話料金は、例えば日本の固定電話にかけた場合は毎分2.66円、ケータイへは毎分17.5円、アラスカを除く米国本土(固定・ケータイ)に発信した際は毎分2.38円だ(料金の詳細はこちら)。ただし別途、いち通話あたり4.9円の接続料がかかる。特に海外電話の安さが魅力で、実は筆者も海外出張に行った際などに編集部に連絡をとる手段として使っている。

 今まで日本のユーザーがクーポンを買う場合、オンラインでクレジットカードを使うしかなかった。これが20日よりファミリーマートの店頭にあるマルチメディア端末「Famiポート」にて入手できるようになる。クーポンの種類は、500/1000/2000/3000/5000円の5種類のほか、ヘビーユーザー向けに3000円×5枚、5000円×5枚というパッケージも用意する。

 現金で決済できるクーポンの登場は、Skype Outを使いたいが、クレジットカードなどに抵抗がある人、クレジットカードでの経費精算が難しい法人ユーザーなどにとって嬉しいニュースだろう。

Skypeクレジットの種類を選んで申し込み券を発行。店頭のレジにて現金で支払う。あとはSkype側でクーポンを有効化すれば通話が可能になる
金額が増える クーポンを有効化すると、メインウィンドウのSkype Outの残金が増える

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン