このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

従来より50%速い!? Opera最新版を検証する

2008年10月16日 11時00分更新

文● 細谷滝音

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

モバイルの地位向上でブラウザーの勢力が変わる?!

 マウスジェスチャーをはじめとして、ユーザーフレンドリーな機能を他に先駆けて実装しているのがOperaの特徴だと筆者は思っている。その持ち味は9.6でも一貫しているように感じた。

 しかも、さまざまな機能を盛り込みながらも、軽快な動作を実現しているのはさすがとしか言いようがない。パソコンよりももっとシビアな組み込みの世界で競争してきたOperaだからこそできる芸当だろう。

 さて、今後はOperaはどのように発展していくのだろうか。冨田氏によると、全体的な使い勝手を向上させつつも、モバイルデバイスの機能を改善していく方向性のようだ。

 中でも、Windows Mobile向けのOpera Linkをなるべく早いタイミングで実装したいとのこと。欧米では、いまモバイルでのインターネットが熱いが、今後モバイルに引きずられる形でブラウザーの勢力分布が塗り変わる可能性もある。

多くの言語をサポートするのもOperaの魅力だ

多くの言語をサポートするのもOperaの魅力だ

 最後に、冨田氏から聞いたOperaのちょっとおもしろい話を紹介しよう。

 もともとヨーロッパでは比較的シェアが大きいOperaだが、Opera 9.6では新たにインドネシア語やウクライナ語など6言語のバージョンが新たに追加されている。合計で39ヵ国語をサポートしており、なんとロシアでは30%近くのシェアがあるとのことだ。

 これからも我々ユーザーを喜ばせてくれるような気の利いた新機能がOperaから出てくることを期待しよう。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン