このページの本文へ

ソウルキャラクターフェア2008特別レポート

隣国のキャラクターはひと味違う!? 「ソウルキャラクターフェア2008」開催!!

2008年08月01日 20時00分更新

文● 柿崎 俊道

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 韓国企業200社近くが参加した「ソウルキャラクターフェア2008」では、かなり興味深いキャラクターが勢揃いした。会場で撮影した愛すべき“ゆるキャラ”たちを紹介する。

カンパン俺ンじゃ

 愛の軍人支援サイト「カンパン俺ンじゃ」のキャラクター。クナくん(二等兵)とそのガールフレンドのコムちゃんだ。徴兵制のある韓国の男子の一番の心配事は、故郷に残してきた恋人のこと。元気でいるのか? 浮気はしていないか? 悩みは尽きない。クナとコムはそんな若き兵士の心を癒すカップルキャラクターだ。ホームページではつらい軍隊生活でも恋人や家族親戚とコミュニケーションができるサービスが満載だ。

Dibo

 OCON社のアニメーション「Dibo」のキャラクター。右の怪獣がDibo。

mongni

 右が主人公のリトルウーマンダイバー「mongni」。つまり海女さん。

赤ちゃん恐竜ドゥーリ

 「赤ちゃん恐竜ドゥーリ」のドゥーリ。かわいらしい着ぐるみだ。

PUCCA

韓国ナンバーワンキャラクター「PUCCA」の主人公PUCCA(右)とCALU(左)。中華娘と忍者という組み合わせだ。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ