このページの本文へ

2社合同、夏の特別企画(後編)

萌えは「薄めたカ○ピス」だ──ASCII×ITmedia対談

2008年07月31日 11時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

古田氏に秘孔を突かれたっ!アベシっ!


 さて、バトルトークの話題がPC系パーツに移ると、古田氏の独擅場になる。さすがにPCパーツショップを長年取材してきた古田氏だけに話題が豊富だ。色々ビデオカードの型番やら部品の名前が登場していたが、これまでうるさいぐらいにアキバの歴史を語っていた筆者は、一転してだんまりモード。


 だって俺、自作PC作ったことネーもん!


 筆者のパソコン購入スタイルは、あれこれカタログなんて見ない。予備知識なしにパソコンショップを訪れて、


 メーカー製パソコンじゃないヤツで、ここにあるマシンでいちばん速いの1台。あ、ゲームはやらないからビデオカードはショボイのでいいよ〜♪


 って買い方だ。さも偉そうに自作PCネタを書いていることもあるが、ほぼ友人からの入れ知恵。これには、古田氏も含め、それぞれの担当編集者も含めビックリした様子だった(笑)。

 PCを自作すると安かった時代も通り過ぎてきたが、そのときはアルバイトに、店で言うのと同じセリフだけ吐いて、お金を渡して組んでもらう。

 なんかね、半田ごても使わない自作PCって作る気がしないのだ(笑)。それにパーツ同士の相性問題も面倒で、性分に合わない。まぁメモリーやHDDの増設はやるけど、ほぼノーマル。それが筆者のマシンなのだ。

 ただ2000年ごろに頻発したパソコンのコンデンサー破損は、自分で修理したぞ! 新しいマシンを買ってOSをインストールしてなんて面倒なことはしない! 壊れたコンデンサーを新しいものに取り替えたほうが手っ取り早いのだ。

 ん〜、そう考えると筆者はあまりパソコンが好きじゃないのかも?



アキバにネイティブな萌えユーザーが集まる現在


 次なるテーマは「近年多くなったネイティブな萌えユーザーをどう感じるか?」だ。

 さすがITmedia編集者からの質問。「ネイティブ萌えユーザー」である! まるっきしIT用語だよ(笑)。ASCII.jpの読者用に翻訳すれば、「アニメしか趣味じゃないライトオタクが電気の街アキバに集まるってのは、ライターのお前らから見てどーよ?」って話である。

 古田氏曰く「新しい街作りとしては悪くない。硬派なPCマニアがアニメファンを嫌がることも当然あるだろうと」。実に客観的な意見だ! っつーか大人だな……。どうやら古田氏は、流行モノを追いかける人々を客観的に見て、なぜ流行ったのか? その背景は? などと分析するタイプらしい。本人によれば「僕の視線は消費者の視線じゃなくて、仕事の視線なんですよね」とのこと。古田氏の頭が天井に着くほど、筆者には大きく見えたよ!

 同じ質問が筆者にも降りかかってきたが、思いっきり消費者視線で主観派の筆者は周りなんて見えてない。そもそも混沌とした街がアキバなんだから、誰が集まろうと、どこでナニが盛りあがろうと楽しければいいんじゃないってのが正直なところだ。ただマナーは守ろう!

2007年夏のコミケ開催日のアキバ
写真は去年のコミケ開催日のアキバ。一年でいちばん「ネイティブ」なアニメマニアの濃度が高くなるが、結構マナーは守ってる。はじけちゃってるのは一部の心ない人だけだ

 ドラマ「電車男」のオンエア以来、女性の観光客が増えたのも、筆者的には大歓迎! アニメの女の子には見慣れているが、実際の女の子の挙動を観察するのにもってこいだし、フルフレームレートでユッサゆっさするバストやヒップは、やっぱりイイ!

 唯一ムカツクのは、カップルでパソコンを買いに来てる彼氏の方。別に聞き耳立ててるわけじゃないが、彼氏が自慢気にパソコンの説明をしているんだが、往々にして内容が間違っている! 「オメー! FSBってそーゆー意味じゃネーよ!」と口を挟みたくなるがガマンがまん!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン