このページの本文へ

Google徹底解剖

Google Earth APIでブラウザがフライトシミュレータに!

2008年06月11日 13時23分更新

文● 小橋川誠己/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 あの「Google Earth」がWebブラウザから利用できるようになった(正確にはブラウザ用APIが公開された)のは、先日お伝えしたとおり(関連記事)。これを使ったマッシュアップサイトがさっそく登場した。例によっておなじみ、フライトシミュレータ。「Mini Flight Sim」がそれ。

 アクセスはこちらから。開いた画面はとってもシンプル。画面下部の「(enter a new location)」に好きな地名を入れて「Teleport!」ボタンを押したらさっそくスタート。飛行機が勝手にぐんぐん前進していくので、キーボードの矢印キーを使って操縦しよう。ただし、上昇・下降や加速・減速はできない。できるのは、左旋回・右旋回のみだ。

Flight Sim

 試しに「Tokyo,Japan」と入れて“Teleport!”してみたのだが、あまりに移動速度が速すぎて、果たして本当に東京なのか確認ができなかった。東京タワーの周りをぐるっと回っている画面でも1枚、残しておこうと思ったのに残念だ。以下は、“恐らく西新宿か丸の内あたりの高層ビル街だと信じたい”の図(たぶん違う)。

Flight Sim

 このサイト、「とりあえず試しに作ってみた」という感じのようで今のところゲーム性には乏しいが、それでもブラウザ上でぐりぐり動く様は気持ちいい。なお、対応ブラウザはWindowsのFirefox、Internet Explorerのみ、Google Earthのプラグインが必要なのでご注意を。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン