このページの本文へ

海外で議論

GTA IVに「飲んだら乗るな! 乗るなら飲むな!」の声

2008年05月03日 00時00分更新

文● 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 申し訳ございません。私、アクションゲームができない人なので(理由:あまりにも下手過ぎてゲームが先に進まない)、「Grand Theft Auto」シリーズもプレイしたことはないのですが……。

 Rockstar Games社の「Grand Theft Auto IV」が欧米で4月29日にリリースされたことに伴い、MADD(Mothers Against Drunk Driving)が声明を発表しました。

 MADDは、毎年1万3500人が飲酒運転で死亡しているとし、GTA IV内でプレイヤーが飲酒運転できることについて「非常に失望している」と声明文で述べています。

飲酒運転
現実社会では飲酒運転はダメゼッタイ! 飲んだら乗らないか、運転代行を呼びましょう

 「飲酒運転はゲームではありませんし、ジョークでもありません。飲酒運転は自身が選択する凶悪な犯罪であり、100%防止できます」(MADD)

 そして、Entertainment Software Rating Board(ESRB)に対し、GTA IVのレーティング(現在はMature)を「Adult Only」に引き上げること、さらにメーカーに対しては、ゲームの配布中止を検討するよう求めています。

GTA2
ゲームは「非日常」を楽しむためのツールですが……

 飲酒運転は犯罪です。ただこのゲームって、車を盗んでさまざまなミッション(犯罪)を行なうのがメインで、飲酒運転というのは、お酒を飲んだ後に車を運転できるよ~という選択肢のひとつだと解釈していたのですが。タイトルにもなっている「窃盗」のほうはいいのでしょうか? それとも、MADDは「飲酒運転」担当で、他の犯罪については別の団体さんが抗議されるのですかね。まあ、このように話題になること自体が、各種団体にとっては啓蒙活動のひとつなのでしょう。

 日本語版を発売するカプコンには、色々な意味で頑張って頂きたいところですが、どこまで自主規制が入るのでしょうね。

(C)2008 Rockstar Games, Inc.


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン