このページの本文へ

さまざまなビンテージ楽器を含んだソフトウェアシンセサイザー

ミューズテクス、ソフトウェア音源「MOTU Electric Keys」を発表

2008年04月17日 15時06分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)オービット・ミューズテクスは16日、米マークオブザユニコーン(MOTU)社製のソフトウェア音源「MOTU Electric Keys」を近日発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売価格は3万9800円だ。

MOTU Electric Keys」はエレクトリック・ピアノやクラビ、オルガン、ストリングマシンなどさまざまなビンテージ楽器を含んだソフトウェアシンセサイザー。本製品は2万以上のサンプルと8種類のエフェクトを搭載しており、その総容量は40GBにものぼる。主な機能としては、内蔵エフェクトラックでマルチエフェクト(コーラス、リバーブ、ディレイなど)を自由自在に組み合わせたり、ほぼすべてのパラメーターをMIDIコントロールしたりと多彩だ。

DH-KONE4G/U2DS
フェンダー、ヤマハ、コルグ、ローランド、ハモンド、ウーリッツァー、ホーナー、メロトロン、エルカ、ファフィーザ、モーグ、RMI、アープなど、多数の楽器音源が収録されている

対応システムはMac OS X 10.4以上、またはWindows Vista/XP。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中