このページの本文へ

オービット・ミューズテクス、「MOTU Electric Keys」を発売

2万種類のビンテージ音源を搭載

2008年05月09日 21時00分更新

文● MacPeople

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)オービット・ミューズテクスは13日、米マークオブザユニコーン(MOTU)社製のソフトウェア音源「MOTU Electric Keys」を発売する。価格はオープンプライスで、実売価格は3万9800円(オンラインストア価格)。

MOTU Electric Keys」は、'60年代初頭のテープサンプラーやストリングスシンセから'70~'80年代を代表するエレピ/オルガン/クラビなどさまざまな歴史的機器、50種類の音源を含んだソフトウェアシンセサイザー。収録された2万種類以上のサンプルデータは、当時の音源のニュアンスを忠実に再現するため24bit/96kHzでマルチサンプリングされており、データサイズは40GBにも及ぶ。

本製品の新機能は、ほぼすべてのパラメーターをMIDIコントロール可能/1楽器につき同時発音可能数が256音/超低レイテンシーを実現/ディスクストリーミング機能の高効率化によるプリセット読み込み速度の向上/UVI Engine搭載/ユニバーサルプラグインへの対応──など。

対応システムはMac OS X 10.4以上、またはWindows Vista/XP。

LElectricKeys01 ElectricKeys02
Electric Keysは操作性のよさも追求されており、ファクトリー/カスタム・プリセットの結合も非常にシンプルな手順で行える

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中