このページの本文へ

Solaris/SPARCアプリがx86-64でそのまま動く、ネットワールド

2008年04月06日 02時02分更新

文● 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ネットワールドは、米トランジティブ社が開発したクロスプラットフォームソリューション「QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64」の出荷を開始したと発表した。

 「QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64」は、Solaris/SPARC上のアプリケーションを一切変更せずに、新世代x64/x86ベース・システムで稼動させることが可能。オープンソースのSolaris用アプリケーションにも対応しており、x64/x86ベース・システムへ移行した従来のアプリケーションに、OpenSolaris用アプリケーションを追加できる。なお、同製品は米サン・マイクロシステムズ社の「Solaris Ready Logo」認定を取得し、「Sun Solaris Ready Applications and Solutions Catalog」に登録されている。

 QuickTransitは、エンタープライズ製品ラインとして、デスクトップおよびラップトップパソコンユーザー向け「QuickTransit Workstation」、大規模データセンターのサーバ統合プロジェクト向け「QuickTransit Server」、 ベンダーサポートが終了したOSが稼動している古いレガシーハードウェアからアプリケーションを移植するための特別バージョン「QuickTransit Legacy」の3つがある。QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64は、これらすべてで利用可能。

 価格はオープンプライス。ライセンスは年間ライセンスと無期限ライセンスが用意されており、CPUソケット単位で計算される。また、ハイパーバイザー型の仮想環境で利用する場合は仮想化用ライセンスとなる。なお、Webサイトより申請手続きを行なったユーザーに、「QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64」の評価版を無償提供するとのこと。

カテゴリートップへ