このページの本文へ

3G通信モジュール内蔵モデルも

東芝、世界初の128GB SSD搭載モバイルノート「dynabook SS RX1」を発表

2008年03月17日 15時00分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)東芝は17日、12.1インチワイド液晶ディスプレー搭載のモバイルノート「dynabook SS RX1」の新機種として、128GBのSSDを搭載したモデルや、3G(第3世代携帯電話)通信モジュールを内蔵したモデルを発表した。価格はオープンプライスで、128GB SSD搭載店頭モデルの予想実売価格は40万円前後。発売日は個人向け店頭モデルが3月下旬から、それ以外は4月中旬からとなる。

dynabook SS RX1

dynabook SS RX1

 「dynabook SS RX1」は2007年6月に「世界最薄・最軽量」(当時)ノートパソコンとしてリリースされた機種(関連記事)。これまでは64GBのSSDを搭載したモデルがリリースされていたが、新機種では128GBに容量がアップしており、この容量のSSDを搭載したパソコンは世界初だという。

128GBのSSDモジュール(左)と、auの通信モジュール「KCMP」(右)

 また、今回の新機種からKDDI(株)の3G通信モジュールを内蔵するモデルも登場。KDDIの「通信機能搭載PC向け」サービスを利用することで、人口エリアカバー率99%という広範囲な場所で最大2.4Mbpsの通信が行なえる。通信費は定額(5985円)となる(関連記事)。

 製品ラインナップは、個人向け店頭モデル3機種、ウェブ直販モデル2機種、企業向けカスタムメイドモデルが4機種となる。なお、SSDと通信モジュールを両方内蔵したモデルは存在せず、どちらかを選択する形になる。店頭モデルの主な仕様と予想実売価格は以下の通り。

RX1/TAE
CPU:Core 2 Duo U7600(1.20GHz)|メモリー:DDR2-677 2GB|グラフィックス:Intel 945GMS Express内蔵
ディスプレー:12.1インチワイド 1280×800ドット|SSD:128GB|光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g/n
サイズ:幅283×奥行き215.8×高さ19.5~25.5mm|重量:983g|バッテリー駆動時間:約12.5時間|OS:Windows Vista Business
予想実売価格:40万円前後
RX1/T8EG
HDD:80GB|WAN:au通信モジュール|重量:1134g|バッテリー駆動時間:約11時間|それ以外の主な仕様はRX1/TAEと同等
予想実売価格:29万円台半ば


 店頭モデルではRX1/T8EGにのみOfiice 2007 +PowerPointがプレインストールされる。なお、RX1/T8EGと同じスペックでOfficeなどを搭載しない「RX1/T7EG」(予想実売価格は27万円前後)もラインナップされる。

 OSは全機種(ウェブ直販モデル、企業向けモデル含む)「Windows Vista Business」を採用するが、Vistaの「SP1」(サービスパック1)は適用しない形での出荷となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン