このページの本文へ

カシオ計算機、世界最小・最薄の1010万画素デジカメ「EXILIM」を発表

2008年01月29日 19時03分更新

文● 編集部 盛田諒

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)カシオ計算機は29日、デジタルカメラ「EXILIM」シリーズの新機種として、1000万画素クラスとしては世界最小・最薄という1010万画素コンパクトデジタルカメラ「EXILIM CARD EX-S10」と、女性をターゲットにした810万画素モデル「EXILIM ZOOM EX-Z80」の2機種を発表した。カラーバリエーションはそれぞれ5種類で、価格はオープンプライス。

EX-S10

1000万画素クラスとしては世界最小・最薄のモデル「EX-S10」

 2機種はいずれも、新たに手ブレや被写体ブレが止まった瞬間に自動撮影を行なう「オートシャッター」機能を搭載するほか、高圧縮技術により動画の長時間撮影が可能なH.264方式での録画に対応し、動画撮影機能を強化しているのが特徴。

 EX-S10は本体の奥行きが13.8(最厚部15.0)mmの薄型モデルで、カラーバリエーションはシルバー/ブラック/レッド/ブルー/ホワイトの5種類を備える。シルバー/ブラック/レッドは2月15日に、ブルー/ホワイトを4月上旬に発売する。予想実売価格は4万円前後。

EX-Z80

女性向けにデザインされた「EX-Z80」

 EX-Z80はカラーバリエーションにシルバー/ビビッドピンク/ピンク/グリーン/ブルーと、鮮やかな5種類を備えた810万画素のモデル。フォーカス枠にピントが合うと“きれいなハート”が、合っていないと“割れたハート”が表示される機能を備えるなど、女性をターゲットにした仕様となっている。シルバー/ビビットピンク/ブルーは2月15日に、グリーン/ピンクを3月7日に発売する。予想実売価格は3万円前後。

 そのほかの主な仕様は以下のとおり。

EXILIM CARD EX-S10/ZOOM EX-Z80の主なスペック
製品名 EX-S10 EX-Z80
撮像素子 1/2.3インチ有効1010万(総1034万)画素CCD 1/2.5インチ有効810万(総829万)画素CCD
レンズ 光学3倍ズーム、f=6.3~18.9mm(35mmフィルムカメラ換算時:約36~108mm)、F値 2.8~5.3 光学3倍ズーム、f=6.3~18.9mm(3mmフィルムカメラ換算時:約38~114mm)、F値 3.1~5.9
静止画撮影 最大3648×2736ドット 最大3264×2448ドット
ISO感度 オート、ISO 50/100/200/400/800/1600 オート、ISO 64/100/200/400/800/1600
動画撮影 最大848×480ドット、秒60フィールド、H.264/AVC圧縮MOV形式
液晶ディスプレー 2.7インチTFT 959×240ドット 2.6インチTFT 479×240ドット
記録メディア 内蔵メモリー(11.8MB)、SDカード(SDHC、MMC、MMCplus対応) 内蔵メモリー(12.4MB)、SDカード(SDHC、MMC、MMCplus対応)
インターフェース USB、AV出力
電源 専用リチウムイオン充電池(NP-60)
撮影可能枚数 約280枚 約210枚
本体サイズ 幅94.2×奥行き15.0×高さ54.6mm 幅89.7×奥行き19.0×高さ51.7mm
重さ 約113g 約100g

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン