このページの本文へ

ビギナー必見!【OS Xクイズ】 第30回

ビギナー必見!【OS Xクイズ】

外部からの接続に対するセキュリティー対策は?

2007年12月19日 04時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】外部からの接続に対するセキュリティー対策は?


  • a.ファイアーウォールを使う
  • b.必要に応じてネットワーク接続を切る
  • c.セキュリティーソフトを導入する

【答】

 Macの中身をネットワーク上に公開するということは、外部から不正なアクセスを受ける危険性も高まるということだ。LAN内でデータをやり取りしているぶんにはそれほど神経質になる必要はないが、OS Xには標準で不正アクセスからマシンを守る「ファイアーウォール」機能が備わっているので、この機能が有効かを確認しておこう。

 ファイアーウォールは、ネットワーク上の特定の経路(ポート)からのmacへのデータアクセスを監視し、不正な内容と判断するとアクセスを遮断する機能を備えている。

 ファイアーウォールの設定は、「システム環境設定」の「共有」パネルにある「ファイアウォール」タブ内で行う。

共有ファイル

「システム環境設定」→「共有」の「ファイアウォール」タブで、ファイアーウォールの有効/無効を切り替えられる

 初期設定では、「サービス」タブで有効にしたフォルダーの公開サービスごとにチェックが入り、有効になっているはずだ。「サービス」タブの項目以外は、必要に応じてファイアーウォールを有効にできる。

 項目を選択して、「詳細」ボタンをクリックすると、ファイアウォールの詳細を設定できるが、特別な場合を除いて変更する必要はない。

共有ファイル

ファイアーウォールによる監視履歴(ログ)が必要な場合は、「詳細」ボタンをクリックして「ファイアウォールのログを記録」にチェックを入れ、「ログを開く」で確認できる

 ということで、答えはaだ


(MacPeople 2007年12月号より転載)


カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中