このページの本文へ

インテルMacはファクス機能を使えるの?

2007年11月13日 11時53分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【問】インテルMacはファクス機能を使えるの?


  • a. 受信はできるが送信はできない
  • b. そのまま使える
  • c. モデムを用意すれば使える

【答】

 OS Xに標準装備されているファクス機能を使用するには、アナログモデムが必要だ。CPUにPowerPCを採用した旧機種の多くは、標準でアナログモデムを内蔵しているので、本体のモデムポートに電話線をそのまま接続すればいい。しかし、インテルMacでは内蔵モデムが廃止されたため、「Apple USBモデム」(価格は5670円)や携帯電話、PHSなどを別途用意する必要がある。

 アナログモデムの準備ができたら、「システム環境設定」で、自分のファクス番号などを登録。「ファクスモデムを設定」をクリックし、用意したモデムを選択しよう。任意のソフトでファクスとして送信する文書を作成したら、「ファイル」メニューからプリントダイアログを表示し「PDFをファクス」を選択する。

FAX プリントダイアログで「PDF」ボタンをクリックしてメニューから「PDFをファクス」を選択すると、ファクスのダイアログに切り替わる

相手方のファクス番号(ハイフンは不要)を入力して右下の「ファクス」ボタンをクリックすれば、文書が送信される。ファクスのダイアログでは、表紙や送信ページ数、部数の指定もできる。

FAX 書類に表紙を付けて送ることもできる。電話回線の種類を「トーン」(ダイヤル回線)もしくは「パルス」(プッシュ回線)のいずれかから選択することも忘れずに

つまり、答えはcの「モデムを用意すれば使える」だ。


(MacPeople 2007年10月号より転載)

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中