このページの本文へ

早くも品薄「GeForce 8800 GT」搭載カードにinno3D製OCモデルが登場!

2007年11月01日 21時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 売れ行き絶好調の「GeForce 8800 GT」搭載ビデオカードだが、本日はinno3Dから2モデル目となる「Inno3D GeForce 8800GT OC 512MB DDR3 PCI-E」が発売となった。オーバークロック仕様が特徴の製品だ。

「Inno3D GeForce 8800GT OC 512MB DDR3 PCI-E」 「Inno3D GeForce 8800GT OC 512MB DDR3 PCI-E」
inno3Dから2モデル目となる「GeForce 8800 GT」搭載ビデオカード「Inno3D GeForce 8800GT OC 512MB DDR3 PCI-E」が発売。オーバークロック仕様が特徴

 カードはリファレンスデザインを基調とした1スロット仕様の製品だが、中央には「8800 GT/OVERCLOCK」と大きく記載。コア/メモリクロックは600MHz/1800MHzから650MHz/1900MHzへアップされている。その他、搭載メモリはDDR3 512MB、インターフェイスはDualDVI/HDTV-OUTという構成は同じ。付属品はDVI-D-SUB変換コネクタやHDTV対応コンポーネントケーブル、S-コンポジット変換ケーブル、4pin-6pin電源変換ケーブルのほかゲーム「Tomb Raider」など。価格は高速電脳で3万6800円、アークで3万6970円となっている。

カード本体 付属品
コア/メモリクロックは600MHz/1800MHzから650MHz/1900MHzへアップ。付属品にはケーブル類のほか、ゲーム「Tomb Raider」など

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中