このページの本文へ

Core Imageを活用してリアルタイムエフェクトを実行

フラッシュバック、After Effects/Final Cut Pro用プラグイン「PlasmaFX」を発売

2007年09月10日 15時29分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フラッシュバックは10日、米デジタル・アナーキー社製のムービープラグイン「PlasmaFX」のダウンロード販売を開始した。価格は1万8480円。

「Topology」(左)や「Cartoon Efect」(右)をはじめ、Core Imageを使った26種類のエフェクトを収録

PlasmaFX」はOS XのCore Imageを利用したエフェクトセットで、最近のマシンであればほぼリアルタイムでエフェクト処理を実行できる。対応ソフトは、「Adobe After Effects 5.5〜CS3」「Final Cut Pro 5.1.4〜6.0」「Motion 2.1.2〜3.0」。OS X 10.4環境で動作するユニバーサルバイナリーだ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中