このページの本文へ

映像のクオリティーを上げるツール群が集結

フラッシュバック、映像編集プラグインなど6製品を発表

2007年11月14日 21時30分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フラッシュバックは13日、米レッドジャイアントソフトウェア社製映像編集プラグイン6製品のダウンロード販売を11月26日に開始すると発表した。

Magic Bullet Looks」は、映像の調子をフィルムのような質感に整えるプラグインだ。色合い、彩度、コントラスト、粒子など画調を決定するさまざまな要素をコントロールできるため、あらゆる映像のムードを表現可能だ。価格は5万6280円。

「Magic Bullet Looks」のインターフェース。同プラグインと「Magic Bullet Colorista」「Magic Bullet Frames」「Instant HD」の対応ソフトは、「Adobe After Effect 6.5」以上、「Adobe Premiere Pro 2.0」、「Avid Xpress Pro 5.5」以上、「Avid Media Composer 2.5」以上、「Final Cut Pro 5.1.4〜6.0」、「Motion 3」

Magic Bullet Colorista」は、映像の色を仕上げるカラーコレクションツール。カラーホイールを搭載し、映像の正確な色彩管理を行える。価格は2万8140円。

Magic Bullet Frames」は、60iから24pへの高品質な変換や、ビデオのインターレス除去などが可能だ。価格は2万8140円で、正式なリリースは12月を予定している。

Instant HD」は、DV映像をさまざまなHDフォーマットへ変換するコンバーター。欠けているピクセルを高度な手法によって補間/生成する。価格は1万4070円。

Magic Bullet Suite 2007」は、「Magic Bullet Looks」「Magic Bullet Colorista」「Magic Bullet Frames」「Instant HD」が含まれたパッケージ製品だ。価格は11万2560円。

また、古いフィルム映像に見られるひっかき傷やホコリなどを自動補間するプラグイン「Film Fix」も同時にリリース。本製品のみ対応ソフトが異なり、「After Effects 6.0〜7.0」で動作する。価格は18万6060円だ。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中