このページの本文へ

米マイクロソフト、Xbox 360を最大50ドル値下げへ

2007年08月07日 14時42分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米マイクロソフト(Microsoft)社は6日(現地時間)、同社のゲーム機『Xbox 360』を今月8日に20ドルから最大50ドル値下げすると発表した。日本でのXbox 360の値下げについては未定。

Xbox 360 発売から約21ヵ月が経過して、ようやく値下げとなる『Xbox 360』(写真は国内向けの通常版)

値下げされるのは、20GB HDDを搭載する『Xbox 360』、120GB HDDとHDMI端子を搭載する『Xbox 360 Elite』、HDDを搭載しない『Xbox 360 Core System』の3機種。

各機種ごとの値下げ幅は以下の通り(1ドル=118.65円換算)。

Xbox 360
399.99ドル(約4万7460円)→349.99ドル(約4万1530円):50ドルの値下げ
Xbox 360 Elite
479.99ドル(約5万6590円)→449.99ドル(約5万3390円):30ドルの値下げ
Xbox 360 Core System
299.99ドル(約3万5590円)→279.99ドル(約3万3220円):20ドルの値下げ

なお、日本では『Xbox 360通常版』が3万9795円、『コアシステム』が2万9800円、10月11日発売予定の『Xbox 360 エリート』が4万7800円と、現在の価格でも北米の値下げ後の販売価格を下回っているが、日本では1ドル=100円換算として各機種が販売されてきており、その流れに沿って日本でも値下げされることを期待したい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン