PCI Express+AGP/DDR+DDR2仕様のASRock製マザー「4CoreDual-SATA2」が登場

文●増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AGPスロットやDDR DIMMスロットも搭載することで人気となったASRock製のLGA775対応マザーボード「4CoreDual-VSTA」にSouth bridge変更モデル「4CoreDual-SATA2」が発売された。

4CoreDual-SATA2
4CoreDual-SATA2

AGPスロットやDDR DIMMスロットも搭載することで人気となったASRock製のLGA 775対応マザーボード「4CoreDual-VSTA」のSouth bridge変更モデル「4CoreDual-SATA2」

 この製品はPCI Express x16対応ビデオカードが使用可能なPCI Express Graphics slot(動作は×4)に加えて、AGP x8スロットを1基搭載。さらにDDR2 DIMM×2(DDR2-667/533、2GBまで)とDDR DIMM×2(DDR-400/333/266、2GBまで)のコンボ仕様となるのが特徴のマザーボード。チップセットはNorth bridgeが“PT880Ultra”で、South bridgeが“VT8237A”から初登場となる“VT8237S”へと変更されている。これによりSerial ATA IIに対応することとなった。
 その他、100/10Base-Tイーサネットや8chサウンド、Serial ATA II×2、IDE×2などをオンボードで搭載。HDMI出力用のピンヘッダが用意され、ケーブルが付属するのは従来通りだ。販売しているのはアークで9800円となっている。

拡張スロット
ポップ
VT8237S

PCI Express x16対応ビデオカードが使用可能なPCI Express Graphics slot(動作は×4)に加えて、AGP x8スロットを1基搭載。さらにDDR2 DIMM×2(DDR2-667/533、2GBまで)とDDR DIMM×2(DDR-400/333/266、2GBまで)のコンボ仕様となるのが特徴。また“PT880Ultra”と組み合わされるSouth bridgeが“VT8237A”から、初登場となる“VT8237S”へと変更されている

【関連サイト】

【取材協力】

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月